カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« クイズ・・・命の優先順位 | メイン | お彼岸なんだけど »

「命を守る優先順位」・・・第一位発表

「命を守る優先順位」第一位は、良好な地盤の土地に住むことです。

私の住む愛知県三河南部地域では、昭和20年に「三河地震」という大きな地震
にみまわれ、2,300名もの方が亡くなられました。戦時中のことであまり報道もさ
れなかったようですが、人口密度などから考えると、阪神淡路震災並みの地震
であったと思われます。

この地震で比較的震源に近かった幡豆町という町では、
死者0、家屋倒壊率6%程度の被害でした。
一方、もう少し震源から離れた吉良町や西尾市東部、南部では多数の死者
があり、被害も甚大でした。西尾市東部、南部などは、
家屋倒壊率が80〜90%にも及んでいます。

この違いは、ひとえに地盤の良し、悪しによるものと考えます。
つまり、地震から命を守るには、良い地盤に住むだけで90%安全といえます。
戦前の古い造りの建物でも命だけはほぼ救われています。
逆に地盤の悪い土地ではリスクは極めて高くなります

現在、土地からお探しの方にはこのことを是非、再認識いただきたいと思います。
最近、話題になる東京の新都心などは、関東大震災で大きな被害を受けた場所
が多いともいわれます。流行に踊らず、慎重な土地探しをお勧めします。



「命を守る優先順位」第二位は?・・・・・ヒントは、上の写真です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/427

コメント

お疲れ様です!
答えを、読んだのですが、脳が悪いのでわかりま
せん?”ごめんなさい”
土地の仕事なんですが・・・
毎日、大変です。地主さん所へ、行き(お爺さん、
お婆さん)を、相手に営業をかけます。(アパート契約の為)
まるで、(俺、俺、サギ)です。外周りが終われば
、電話でアポ取りです。本当に心が痛みます。
仕事やっていけるかな?
明日は、初めての休みです。
先輩、友達で、海に波乗りです。もちろん、フルス
ーツで!(秋は、波が高いので最高です!)
今日は、グチなってしまった。”許して”
また、お便りします・・・

ななくさがゆ?さん
いつもありがとうございます。
江戸時代までの街づくりは、ほぼ地盤の良い場所に
限られていました。戦略、治水、利水、農耕、など
実務上そのようになったのでしょうが
地盤調査の技術のない時代に、不思議なぐらい、
実に的確な地盤選定
をして街づくりをしています。

明治になって鉄道が敷かれるとき、
そのルートは当然のこと、コストのかかる
街の中心部を避け、外周に沿って建設されている
例が多く見られます。そしてその後の街づくりは
鉄道を挟んで、反対側に広がっています。

この江戸時代の市街地と新市街地の境界線である
鉄道は、地盤の良い土地と悪い土地との境界でも
あるわけです。
戦後の街づくりは、地盤調査など行うようになりましたが、
不思議なほど悪い地盤に建てるようになりました。

最近、東京の新都心開発などは、
悪い場所を選って行われているようにも思われます。

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ