カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« こんなこともできます。 | メイン | 決戦!「桶狭間」 ・・・歴史の必然性 »

刈谷作「たたみの部屋」・・・その2


モダン系といえば、それに属するのかもしれません。
和風の部屋は、きもちを和ませてくれる雰囲気があり、
季節も味わいたいですね。

写真では判りにくいかと思いますが、
うちでは畳の質にもこだわります。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/566

コメント

お疲れ様です!
畳の部屋いいですよね!こころが落ち着きますよね。(日本人だから!)
僕は、学生時代、インテリアを学んでいましたょ!
畳の大きさは、約4種類あります。
京間(きょうま)、中京間(ちゅうきょうま)
江戸間(えどま)、団地間(だんちま)です。
その中で、中京間は、尺モジュール(3尺、6尺)
(910X1820)です。
最近は、メーターモジュールで1畳のおおきさが、
バラバラで畳屋さんも大変みたいですょ。
また、お便りしますね!


ななくさがゆ?さん
いつもお世話になり、
ありがとうございます。
和の良さ、味わいなど年齢とともに
理解が深まるような気がします。
食べ物の嗜好も、若い時の洋食から
だんだん和食になってゆきます。
御先祖様のDNAがどこかに伝わっているようです。

各地の街づくりも長続きしているものは、
和風の街のような気がします。

街の風景にも萩、桔梗、ススキなど
秋のななくさのような風景が似合います。

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ