カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 歩道 | メイン | 304回忌 »

「忠臣蔵なんてたかが芝居じゃねえか」

その、吉良上野の所領であった横須賀村一円で「忠臣蔵」
が長いあいだ禁制になっていたことは天下周知の事実である。
これは一面、吉良上野が彼の所領においては
仁徳の高い政治家であったということの反証にもなるが
同時に他の一面から言えば一世をあげて嘲罵の的となった
主君の不人気が彼の所領の人民を四面楚歌におとしいれた
こともたしかであろう。まったく「あいつは『吉良』だ!」
ということになると旅に出てさえ肩身の狭い思いを
しなければならなかった時代があるのだ。しかし、そうなれば、
こっちの方にも、(忠臣蔵なんてたかだか芝居じゃねえか)、
――という気持が湧いてくる。(うそかほんとかわかるものか、
あんなものを一々真にうけてさわいでいるろくでなしどもから
難癖をつけられているうちのおとのさまの方がお気の毒だ)――

これは、小説「人生劇場青春編」の序章に書かれた一説であるが、
名君吉良の殿様を慕う地元領民の気持ちを
正に代弁しているといえるのではないでしょうか。

次回につづく

郷土玩具にもなっている「吉良の赤馬」は、
名君「吉良公」が領内を廻るのに使った
背の低い馬で、領民と親しく言葉を交わしたと
伝えられます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/844

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ