カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2007年02月22日 | メイン | 2007年03月02日 »

2007年02月24日

なによりうれしい満足度

今月はじめにお引渡しのお客様からをお届けいただきました。

オドントグロッサム(彗星欄)というのだそです。
お客様のご満足は、なによりの喜びです。
これからも末永くお願いいたします。

住まいのエネルギー長期ビジョン・・・私の提案

2年ほど前完成のA様邸では4.05kwの太陽光発電を設備されました。
これまでの発電量は、電気代にして¥8,500円/月程度で年間10万円
ぐらいでしょうか。設備にかかる費用は、助成金等を差し引いたとしても
200万円超ぐらいで元をとるには故障なしで20年かかる計算になります。

先日のイザット総会の大宮社長の講演では、
今後化石燃料の枯渇や途上国のエネルギー需要の増大などで
エネルギー価格が5年後に3〜5倍
10年後に10倍もありうるとのことです。
そうなると話は大きく変わり、太陽光発電も十分元のとれる設備となります。


環境問題や資源の枯渇などを考え、将来も快適な生活を実現してゆくには
家づくりに自然エネルギーの活用が不可欠といえます。


そんな観点から今すぐに太陽光発電とまでいかなくとも
将来、太陽光を載せられる南向きの屋根ぐらいは
作っておいても良いのではないでしょうか。

太陽光利用で最も効率の良い屋根勾配は、その土地の緯度と同じ角度だそうです。
但し、施工性やメンテナンスを考えると、もう少し緩めの30度(5.5寸〜6寸)ぐらい
でしょうか。これ以上急になると、登るのに足場が必要です。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ