カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月29日

ご存知ですか?・・・緊急地震速報

10月から衣替え!何だか違和感を感じる方も多いのでは?

同じく10月から気象庁の緊急地震速報が、スタートします。
メディアも盛んにPRしていて、
多くの方は耳にされていることと思いますが、
一般の関心度や取り組みは、いま一歩といえないでしょうか。

このシステムは、予測でも、予想でもなく、おどかしでもありません。
科学的根拠に基づいた、精度の高い情報なのです。
人々の意識次第で、最悪死者数万人ともいわれる東海、東南海地震の被害予測が、
半減あるいは1/3にも減らせるかもしれません。
・・・・・あくまで与えられた10秒前後の時間を、活かすという意識次第ですが。
大げさにいえば、日本の歴史上、あるいは人類史上でも
「画期的」といえないでしょうか。


貴重な10秒ですが、わずか10秒です。
普段から、万一に備え、シュミレーションすることが、肝要です。
いつでも!どこでも!
私たちの提案は、以前にもご紹介した「耐震シェルター」です。
いざ!という時、住まいの中に明確な避難場所があれば、
落ち着いて、迅速で、適確な行動が可能になります。


住まいで過ごす時間は
一般的に1日の約半分(12時間)ともいわれます。
貴重な10秒!活かすも、殺すもあなた次第です。

2007年09月24日

実りの秋・・・それが自慢

まだまだ暑い毎日ですが、
空の色や野山には「天高く馬肥ゆる秋
も感じられるようになりました。

実りの秋といえば=(イコール)食べ物=食欲を連想される方が
ほとんどでしょうが、我々住宅ビルダーにとっては、
実り=普請というわけで、
秋は、家造りをそそる季節でもあります。季節も良いし
オーナー様も年内完成や年度内(3月)完成を希望される方が多く
この季節は、至るところ普請がたけなわです。

わが社でも、現在数箇所の現場で新築工事が進行していて
そのうちのO様邸が先日、上棟しました。
こちらでは、基礎・地盤工事からご近所の関心が高く、
上棟作業に足を止められる方も目立ちました。
通りがかった方のコメント
「ひさしがないの?」、「柱が多いね!丈夫そうだね」、「無垢材なの?」

わが社の定番:ひのき、ひばの無垢乾燥材を使った
防腐剤・防蟻剤を使わない健康仕様(左写真)
右は、大工さんに評判の悪い窮屈な接合部、
クリアランス(遊び)が少なくシッカリ叩き込まないとはまりません。


今回、コンクリートによる蓄熱暖房をします。
コンクリートの熱容量の大きさを活用し、
省エネで快適な床下暖房を採用しました。
1月には体感見学会を予定しています。

2007年09月22日

分かれたご評価・・・最近の定期点検報告

最近行った定期点検で、お客様の評価が大きく分かれることがありました。

A様邸2年点検
「この家は、ものすごく暑いぞ!」

B様邸1年点検
「ものすごく、エアコンが効きますね!とても快適」

いろいろ伺ってみますと、
「FIX窓が多く、風が全然通らん。」
「2階が暑くてたまらん。夜になっても暑くて、寝苦しい。」
・・・・・以上A様

「エアコンがすごく効いて、快適。」
「網戸は、必要なかったですね。」
「友達にも紹介するから、パンフ持ってきて。」
・・・・・以上B様

そういえば、以前にもこれに似たご評価がありました。
夏「快適」とおっしゃる方は、
概ね「窓を開けない」、「2Fをメインのエアコン」といった共通点があります。
また「意外と電気代が安い。」といったご感想もよく聞きます。

一方「暑い」とおっしゃる方は、
例外なく、「窓はいつも開ける。」「風を通したい。」
「2Fエアコンはほとんど使わない。」

二つに分かれたご評価
どちらもイザットハウスの特性をよく表しています。
超気密の除湿効果や断熱性能による保温性の良さ
を上手く使いこなすケースと
逆に超気密の風通しの悪さや、暖まってしまうと保温性が
逆に作用して、冷めにくくなってしまったケース
ともいえます。

われわれ造り手は、とかく自分たちの工法の良い面ばかりに
目が行ってしまい、そればかりを勧めてしまいがちです。
それがいつの間にか、押し付けになっていたかもしれません。
お客様の好みや暮らし方、価値観などに、もっと耳を傾け、
もっと気を配る必要を感じました。

2007年09月17日

「いじめっ子」と「いじめられっ子」

巷では、自民党総裁選たけなわ
昨夜テレビを見ていて、ふと気にかかることがありました。
総裁候補A氏演説の冒頭
「いじめられっ子の○○です。」
「アッソー」と聞き流してしまえば、それまでですが、


ふと思い浮かんだことは、
子供たちの世界と似てる!?


「最近の子供たち」スケジュールの忙しいことは、
以前にも書きましたが、
いろんな面で何か弱い部分のある子がいると、
寄ってたかってその子を仲間はずれにしたり、
昂ずるといじめになったりする。
そして、中に入る正義の味方は、存在しない。
勉強の苦手な子、ドッチボールの下手な子、かけっこの遅い子・・・

子供たちの世界では、大きな流れができると、
正否を論ずることなく、大きな流れに付くか、傍観するか
どちらかになる。


大人である政治の世界でも、総裁選を見る限り、
昨今の子供の世界と、同じではないでしょうか。
オール強いものに巻かれる傾向が強まり、
政策などは、どこ吹く風。


「いじめられっ子」を名乗る某総裁候補も
ついこの間まで、「いじめっ子」を演じていたのではないのかな?

2007年09月04日

日本最高記録

ダウンロードしたファイル
ダウンロードしたファイル
8/16・17日岐阜県多治見市では、40.9℃
の最高気温を記録し、最高気温の日本記録を更新を
更新しました。


この日は、当社エネシフト施工物件データーでも
明確に観測、記録されていましたのでご報告します。
併せて、土中温度も順調に上昇しています。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ