カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 重さ | メイン | お施主様による基礎配筋検査 »

日本人より上手なヒルマン監督

 プロ野球も日本シリーズ出場をかけたCS(クライマックスシリーズ)が、
大詰めですが、先に決まったパリーグでは、今シーズン限りで退団を
表明したヒルマン監督の「シンジテマシタ!」が新聞記事の
一面を賑わしました。昨年は、「シンジラレナ〜イ!」で流行語にも
なりましたが、自ら考えた言葉としたら、何とも上手な日本語ではありませんか。
 もともと、アメリカの人は、表現が上手いといわれますが、
不慣れな日本語でもこの表現力で、チームをまとめ、下位の常連日本ハムを
強いチームに変貌できたのではないでしょうか。

 
 一方、セは、ドラゴンズが、ジャイアンツに王手をかけました。
こちらは、落合監督の丸刈り効果でしょうか。CSに入って負けなし。
さしもの名将も、4年目で翳りが見えたかと思いましたが、
丸刈りで光を取り戻したようです。

 野球をみていると、ヒルマン監督やバレンタイン監督(ロッテ)など
外人監督の活躍が目に付きます。
・・・・・そういえば、日産のゴーン社長もしかりですね。

 一方、ジャイアンツの最近の何人かの監督や
古田監督(ヤクルト)など、生え抜き監督の期待はずれも目立ちます。
これは、やはりチーム内の情やしがらみが災いするのではないでしょうか。
今年の原監督のように、生え抜きでも一旦チームから離れ、期間をおいて
復帰すれば、現場の選手とも年齢差もでき、いろんな意味でしがらみのない
采配ができるのではないでしょうか。
 古田監督にも
是非もう一度、しがらみのない環境で復活していただきたいものです。
 

 しがらみという点では、
生え抜きの市長さんや族議員からの大臣なども、
改革や組織を強化するには、不向きかも知れませんね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/3043

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ