カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月23日

第一種換気・・・その2

第一種換気のS様邸でのお話
夏は、(田舎なので)給気フィルターに虫などがつまり
メンテナンス頻度が多くなりますが、
概ね、3ヶ月に1回程度のフィルター清掃だそうです。
冬は、西風が多く、敷地西側の県道からの影響か?
フィルターが黒くなるとのことです。
田舎のことで、「それほど交通量はないと思われますが、
排気ガスの影響はあるんですね。」と驚いておられました。

写真は、仕出し屋さんに隣接の土地で
右屋根の上には、排気煙突が見えます。


こうした臭気が予想される場所や
交通量の多い道路に面した土地などでは
第一種換気も選択肢中の優先候補といえます。

第一種換気

先日、あるお客様(2組)をご案内して、
築4年のS様邸を訪れたときのこと、
第一印象は、室内が新築時と変わらないほどきれいで、
空気の良さもお連れしたお客様全てが、
実感されるほどでした。

その秘密は、顕熱交換による第一種換気ではないかと考えます。
第一種は、給気(機械)を1箇所で行うため、
外部からの埃や汚染された空気の流入を防ぐことが容易です。
また室内外の圧力差も小さく、そうした違和感もなく、
玄関などの扉が重くなることの弊害もありませんし、
室外からの埃の侵入がないので、室内も汚れません。

これから花粉症の季節となりますが、
超気密、第一種換気は、最良の花粉症対策といえます。

2008年02月19日

アイデア商品

我家の食卓にこんなものが登場しました。

バターナイフです。
うちでは、娘がテーブルを汚すので
家内が見つけてきました。

2008年02月16日

メンテナンスフリー

M様邸外壁は、TOTOハイドロテクトタイルです。
光触媒で、汚れを落とす作用があり、
そのうえNOX(窒素酸化物)やSOX(硫黄酸化物)まで
浄化してしまう優れものだそうです。
http://www.e-seikatsutoto.com/tilehouse/kabejiman/products/hydro.html

7年経過した建物を見ましたが、新築同様でした。
来週には、M様邸白亜の外観がお目見えです。

2008年02月11日

内装工事

吉良町で施工中のM様邸
目下三月完成に向けて内装工事の真っ最中

内部の壁下地もできあがりです。
ひなまつりのような、色使い?ですが、
壁下地ボードにも、いろいろなやくわりがあります。
ピンクに見えるボードは、吉野石膏のハイクリンボード
ホルムアルデヒドを吸着、分解するはたらきがあります。
グリーンは、耐水石膏ボードで、水廻りに使います。
ホワイトに見えるものは、ダイライトMKといって
壁倍率2.0の構造上の耐力壁です。

この現場を仕切るのは、
恥ずかしがり?イケメン?の星野棟梁
若いけれど腕は確か!
気密性能も0.11cm2/m2でバッチリ!
新婚でハッピーそのものです。

2008年02月10日

雪氷対策・・・縁の下の夜勤

9日、愛知県地方も大雪となりました。

当店の周囲も10cmをこえる豪雪で、営業も暗くなる前に早仕舞い。

帰り途中、橋での外気温は、0℃でした。

これは、今朝の写真です。
当社関連会社では、愛知県と雪氷対策契約を結んでいて、
道路に凍結防止剤を散布して廻ります。
今回は、9日夕方と10日明け方、
今朝は4時から町内の雪道を交差点や橋、坂道のカーブなど
危険箇所の雪氷を融かして一回り作業してきました。


本日(10日)は、夜勤明けですが、平常営業しています。

2008年02月04日

What is this?・・・秘密兵器

これ何だかご存知でしょうか?

ご年配の方なら昔懐かしいのではないでしょうか。
ポン菓子?パッカン?etc

私の地元では、パッカンと呼んでいます。
昨日の関連会社イベントで、登場!
ご近所に”号砲一発”轟かせました。
お年寄りには、即!わかっていただき、お孫さんを連れて
再来場など話題騒然でした。



夜は、我家も世間並みに節分行事。
娘(9才)と話していると、
彼女は、鬼が実在すると思い込んでいるようだ。
「うちに鬼が来たことあるよね!」
「エ〜?・・・鬼なんかいるわけないよ」
「ゆうき、みたことあるよ。」
「どんな顔してた?青鬼?赤鬼?」
「あんまりおぼえてないけど、赤だったよ。確か」・・・・・


あとあと、よくよく考えてみると
あれは確か、物心つきはじめの2才ごろ
節分に、私が鬼の面をかぶって玄関から入ると、
彼女が極度におびえ大泣きになったことがあり、
反対に、こちらもおびえて、腰が抜けそうな出来事がありました。
翌年から2度と鬼の面はやめてしまいました。

「三つ子の魂百まで」ではありませんが、
彼女の記憶には、鬼が実在してしまったようです。

2008年02月01日

手作り

昨夜、うちに帰ると、なにかいい匂い。
そして、階段の上がり端に、なにやら見慣れぬ電化製品?
加湿器?ポット?炊飯器?

パンを作る道具なんだそうである。
これから毎日、手作りパンを作るんだそうで、
「そんなの、大変じゃないの?」
「簡単だよ!」
「小麦粉を入れてスイッチを入れるだけ!」
「パパでもつくれるよ!」


輸入食品の中毒事件で、思い立ったらしい。
この道具小さいけれど、おもちもつけるそうで、
我家では、意外と重宝しそう。
パンもおいしかったです。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ