カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2008年04月05日 | メイン | 2008年04月14日 »

2008年04月08日

紫外線と赤外線

パソコンで「ひざし」とキーボードをたたき、
スペースキーを押すと、「日差し」、「陽射し」、「日射し」など
漢字の使い方もいろいろ、感じ方もいろいろである。
朝の光、日中の光、冬の日溜り、春の光など光の強さや
角度、季節(温度)によっても使い分けるのでしょか。

さしずめ雨上がりの今日などは、「陽ざし」が似合うようなお天気です。
これから季節が進みゴールデンウィーク頃には
「日射し」といった感じになり、紫外線も強くなります。

ところで、住宅で使われるLow−Eガラスは
よく勘違いされますが、主に赤外線をカットし、
強い日射しが当たっても室内の温度が上がらない働きがあります。
一方自動車の窓によく使われるガラスは、
お肌に優しいUV(紫外線)カットガラスになります。

似ているようで、かなり違いがあります。
また、同じ複層Low−Eガラスでも
内側にLow−Eを使うのは、
主に寒冷地仕様で、室内の暖かさを逃がさない冬用になります。
外側にLow−Eを使うのは、
主に温暖地仕様で、室外の暑さをシャットアウトする夏用になります。


いずれにしましても、住宅用ガラスは、測定してみても
UVカット効果は、限定的のようです。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ