カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月28日

Q値=「熱損失係数」改め「熱得する係数」

経済産業省が太陽光発電の普及に本腰を入れるようです。
何でも2020年には、新築住宅の7割に設置するようになるとか
そうなると住宅の基本的なQ値、C値が一層重要になります。
イザットハウスの性能をフルに活かせば、光熱費ゼロは、もちろん
お釣りがくることもあるかもしれません。

これは、今度豊田市に施工する住宅です。
床面積31坪と比較的コンパクトで形も太陽光にピッタリ!
この建物で、オール電化、太陽光搭載(4kw)プラス
断熱を強化し、Q値1〜1.5ぐらいの省エネ施工にすれば、
暮らし方次第で、光熱費ゼロもできそうです。


イザットでご検討のお客様には「朗報」
Q値1〜1.5で南面を大きくした屋根形状のコンパクト設計、
これで太陽光を載せれば、将来のエネルギー問題も解決!
イザットハウスの外断熱なら可能です!


従来Q値は、「熱損失係数」と呼ばれていましたが、光熱費ゼロを分岐点に
それから下は、「熱得する係数」と呼んではいかがでしょうか。

2008年06月23日

ご来場ありがとうございました。・・・「基礎見学会」

6/21・22基礎見学会は、2日間とも梅雨らしいお天気になってしまいました。

そこで、ご近所の野田八幡宮にご祈願!

神明造りの建物で、代々刈谷藩主の信仰篤かったとのこと、
田舎にしては、なかなか格式の高そうな社です。
ところが!!

なんと、雨乞いの神様なのだそうです。
神様のごりやくとでも申し上げれば、よろしいのでしょうか。
神様ありがとうございました。
ご来場のお客様には、
お足下のわるい中、ご来場誠にありがとうございました。


2008年06月19日

「基礎見学会」開催ご案内・・・6/21・22

6/21(土)・22(日)刈谷市野田町で基礎見学会を開催します。


詳しくはコチラ



今朝も着々と配筋作業が行われ、明日は、社内検査及び会場設営の予定です。


基礎という構造の中でも地味な部位の見学会ですが、
耐震や建物の欠陥防止という観点では、
最も重要な部分になり、住まいの普請を考えたときには、
絶対見逃せない見学会です。

2008年06月15日

6/21・22・・・モーニングはいかがですか♪

6/21(土)・22(日)刈谷市野田町にて
午前9:00〜12:00モーニングサービスを開催します。

午後には、2:00〜6:00までアフタヌーンサービスもございます。
皆様のご来場、心よりお待ち申し上げます。

2008年06月14日

地盤調査・・・鉄道沿線

今日は、朝から地盤調査です。

今度の場所は鉄道沿線。
こんな場所では、他所(よそ)以上に地盤は重要です。
それは、地盤によって電車の振動の伝わり方に大きな影響があるからです。
特に弱い地盤では、振動が増幅されて伝わり、建物への影響も大きくなります。

今では、たとえ地盤が悪い場合でも、調査結果に基づいて、
適切な改良が行われれば、大丈夫!振動もかなり軽減できます。
また、建物剛性でも振動は軽減できます。
幹線道路や鉄道沿線の方、ご用心ください。

2008年06月13日

ひば集成材・・・玄関


6/12またまた、梅雨の合間の上棟です。
作業は順調に進み、
夕方までに、気密シートと断熱材まで敷き終わりました。
おかげさまで、天気予報では、しばらくお天気は持ちそうです。

ところで、写真は玄関ドア周囲の木軸組です。
当社の1F柱材は、ヒノキ無垢乾燥材を使いますが、
玄関ドアの両側は、ヒバの集成材を使います。

その理由は、高さの高い玄関ドアの建てつけ精度を高くするためです。
最近のドアは、高さが2.3mと高く、建てつけにも高い精度が求められます。
ドアを取り付ける木材が乾燥収縮などで変形したりしますと、
わずかな変形でも影響がでやすくなります。
乾燥材といえども無垢材の変形は集成材より大きく、
建具のくるいもおきやすくなります。
そこで、ヒバ集成材というわけです。

2008年06月10日

天竜・・・秋葉神社代参

皆さん、天竜というと何を思い浮かべますか?
建設や住宅関係の方なら
「天竜杉」や「川砂利」でしょうか。

6/8ご近所の方たちと秋葉神社へ代参してきました。
道中は、鬱蒼とした天竜杉の木立のなかを抜けて行きます。
天竜川は、地図で見ても河床は広いが、普段水の流れている部分は、
そのわりに細い川で、川幅いっぱい水を湛える木曽川などとは対照的です。
この違いは、水の流れの速さからきています。

こうした河原の広い川は、水の流れが速いので細かな粒の砂は、残らず、
河原には玉砂利が多くなります。一方推量豊富にみえる木曽川や矢作川などは
淀みもあって、川砂が豊富に溜まって川砂の産地となります。

天竜の山は、雨量が豊富で、風が無いので真っ直ぐな杉の生育にはぴったり、
中流には天竜ボート場がありますが、水面は鏡のように静かです。
中央アルプスを挟んだ山向こうは、桧(木曽、東濃)になります。

秋葉神社は、人里離れた杉林の真ん中、すがすがしさの中にありました。

2008年06月09日

梅雨の合間のGoodタイミング

6/6 天気快晴 この日は、お客様が待ちに待った上棟!

  
作業は順調に進み、夕方には屋根気密シートも敷かれ一安心です。

上棟で何よりは、「お客様の笑顔」
とりわけ、お子様」の底抜けにうれしそうな表情は、最高です。
大人たちの住まいづくりの打合せに、時には参加し、
時にはお邪魔にされて、そばから見てきたお子様にとって
住まいが間近に目に見えるようになる上棟は、大人以上の大きな
インパクトのセレモニーと言えます。枠組みだけのマイホームのなかで
想像力をはたらかせ、はしゃぎ廻る光景は、ほほえましい限りです。


この日を境に、工務店のおじさんたちとお子さんが
うちとけ、お友達になったりします。

2008年06月05日

これからのエネルギー

エネルギー高騰の時代を迎え、
住まいに「省エネ」を求めるお客様が増えています。

新築1ヶ月のM様邸は、オール電化。
2台のヒートポンプは、エコキュート用と蓄熱暖房用です。
蓄熱用は、冬は基礎コンクリートを蓄熱暖房、夏はエアコン用として使います。


先日、「お風呂が少々寒いので、この季節に暖房してます。」
とのお話で、お伺してみると、エコキュートリモコン設定が、
お引渡しのままになっていて、湯温40℃設定でそのままお使いになられていたご様子。
1ヶ月間ぬるいお風呂に入られていたようでした。
早速、取り扱い説明して、設定温度を上げさせていただきました。

省エネ機器も使い方次第、使い方で
意外に電気代がかかってしまっていることもあります。


一方、先日着工のS様邸では、太陽光パネルを設置予定です。
この先、電気代が2倍になれば、
太陽光設置率は、50%以上になるのではないでしょうか。
3倍になれば、80%太陽光ということも十分考えられます。

これからのエネルギー選択は、住まい造りの最重要項目です。


2008年06月02日

梅雨に適した工事

本日、東海地方は、梅雨入りしました。
住まい造りで「梅雨」と聞けば、あまり歓迎されない季節ともいえます。
特に屋外での工事は、向かないと思われがちですが、
中には屋外なのに梅雨向きの工事もあります。
その一つは、基礎工事
コンクリートが固まるまでの養生期間は、高温湿潤がベスト!
日本の四季では、正に梅雨そのものです。
但し、雨天時での打設は、ダメです。
梅雨の合間をねらいたいところです。

刈谷店では梅雨の合間(6/21・22)
を狙って「基礎見学会」を開催予定です。


そのほか、解体工事は、ホコリが立ちにくいのでこれもよし!

2008年06月01日

日本の梅雨は超気密に限る

今日から6月(水無月)雨の季節の始まりです。

日本の夏は、どなたもご存知のとおり、高温多湿、
イザットハウスにお住まいの方は、先刻ご存知かと思いますが、
こんな夏の暮らし方のお勧めは、「窓を開けないこと」
外気の湿気は、超気密性能でシャットアウト!
室内は、除湿または軽い冷房でエアコン運転すれば、
室内は爽やか、除湿された状態であれば、温度を下げる必要はそれほどありません。


こんな時、浴室やトイレで小さな窓が少しでも開いていれば、
せっかくの超気密性能は台無し、外から水蒸気がどんどん供給され
エアコンの効き目は半減します。


最近の住宅設備機器は、音声でいろいろアドバイスしてくれます。
エコキュートなどでは、「お風呂が沸きました。」「お湯が残り少なくなりました。」etc.
こんな装置がイザットハウスにも欲しいですね。
「湿度が高いので、窓をお閉めください。」「換気は、弱で除湿してください。」
「エアコン設定は○○にしてください。」
C値、Q値の性能やお住まい場所、建物規模、居住人数などで設定変更できると良いですね。
岡田さんいかがでしょうか?

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ