カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2008年07月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月29日

豪雨

愛知県岡崎地方は、今朝未明記録的豪雨に見舞われました。
当社でも岡崎市内にお客様や現場も2ヵ所があり、対応に追われました。


現場では、幸い大きな被害はありませんでしたが、
建物下盛土の始まったM様邸では、GL下30cmまで水が来ていました。
写真重機の置いてある地盤が建物GLになります。
ちょっと見えにくいですが、糸のあたりまで水がきたようです。
川の近くの土地で、洪水のリスクもあり、上がり下がりは大変ですが、
道路から80センチ高く盛土して家を造る予定です。
今回の豪雨ではもともとの地盤で建てていると、
浸水の恐れがあったことになりぞっとします。

昨年新築のS様邸は、カーポートに30センチ浸水したそうですが、
こちらも建物は無事でした。

バリアフリーが叫ばれる今日この頃ですが、
場所によっては、最近の豪雨を考えると、
道路からある程度は、
地盤を上げておくことも重要ですね。


そのほか、うちの関係者では、
いつも地鎮祭などでお酒をお願いしている
知立市の酒屋さんが浸水被害にあいました。
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。


 

2008年08月26日

虎の巻「太陽光発電えらび」

虎の巻によると
太陽光発電パネルの設置で角度や方位も重要ですが、
意外な障害が、樹木や電線などの細い影が横切ること
だそうです。
・・・・・とすると

写真左のように電線が道路南をとおっていれば、
北側敷地に電線の影はあまり影響がありませんが、
写真右のように道路北側電線ですと問題ありということになります。
これからの住まいづくりでは、
このようなことも光熱費に重要な要素になりそうです。

この虎の巻
こんどの「光熱費を1/2にする家づくり勉強会」
でもらえます。

2008年08月25日

光熱費を1/2にする家づくり勉強会

9月28日名古屋で「光熱費を1/2にする家づくり勉強会」が開催され、
大宮社長が講演されます。
私も楽しみにしていますが、
来場者プレゼントの小冊子「失敗しない太陽光発電えらび」この冊子小さいながら、太陽光発電のことが分かりやすく
解説されていてお勧めです。太陽光ご検討の方には
この冊子だけでも価値があるのではないでしょうか。

http://www.izzat.co.jp/news/seminer/index_03.html

2008年08月24日

北京五輪

世界中の人々に様々な思いを残して北京五輪も閉幕ですね。

ところで、今回オリンピックのマスコットはご存知でしょうか?
左から、ベイベイ、ジンジン、ファンファン、インイン、ニィニィだそうです。
見たことあるけどご存知ないですよね。
マスコットはせいぜい二人ぐらいですと覚えやすく、
印象にも残りやすいと思います。
今度の大会は、チベットなど少数民族問題、大気汚染問題はじめ
様々な中国国内問題が浮き彫りにされた大会でもありました。
大会が終わっても、分かりにくいマスコット!
分かりにくい大国「中国」の象徴と言えるかも知れません。

2008年08月22日

住まいづくりは、夏を旨とすべし

住まいづくりは、夏を旨とすべし

この夏ほどこの言葉が、身体に実感された年もないのではないでしょうか。
温暖地といわれる東海地方では、住まいづくりにおいて
従来、断熱(=寒さ対策)ということにあまり重きをおいていなかったと思います。

兼好法師から数えれば、700年ぶりに
夏を旨とした住まいづくりを考え直す時代といえます。
次世代省エネ基準のQ値(熱損失係数)も乎楼茲任錬押ィ
ですが、これからの夏を旨とした住まいづくりでは、
寒冷地と逆転することもありではないでしょうか!!
夏は、誼楼茲任2.7、乎楼茲任1.5といった具合です。


「猛暑」と「省エネの両立」
イザットハウスにお任せあれ!! デスネ。

2008年08月18日

自由研究

皆さん植物図鑑をご覧になったことありますか?
娘のおかげで16日は植物図鑑とくびったけ
思い切り肩懲りました。


先日でかけた上高地で撮った草花の写真
自由研究の宿題で使うことになり、
旅行雑誌「るるぶ」についている
植物図鑑(数十種)で見比べても
ぜんぜん!わかんない???

そこで図書館で借りた高山植物図鑑3冊
あっちをめくり、こっちにもどり
だいたい一冊あたり1,000種類ぐらい載っているが
なかなかフィットしない!
しかし、悪戦苦闘しているとだんだんとわかってくることもある。
この花は、マメ科では?とか
この葉は、イネ科かな?といった調子である。
高山植物ではキク科の植物が断然多い、3冊の図鑑のどれも
キク科が真っ先に載っている。

半日の時間切れまでに半分くらいできたつもりだが
できたつもりの半分のそのまた半分もかなり怪しい?!
とんだ「自由研究」のお手伝いでした。


2008年08月11日

陽光燦々の上棟

8/9待ちに待った、上棟風景です。

お客様のご希望で、梅雨明けを待っての上棟は、
待った甲斐がありました。

片流れの屋根には、4kw太陽光パネルを載せる予定です。
南向きの大きな屋根面は、
遮るものもなく、陽光が燦々とふりそそぎ、
理想の省エネ・エコ住宅ができそうです。

2008年08月08日

涼感

先日のブログに載せた2枚の写真

7月24日上高地の大正池です。
右の写真が本物、
左は同一写真を上下逆にしたものです。
光線の加減で水面に映った焼岳のほうが、くっきり写っています。
池に立つ樹木の色からもどちらが影か分かります。

上高地は水も空気も透明、草花や小鳥のさえずりや星空や
見るもの、聞こえるもの、匂い、触れるもの、感じるもの
全部清澄そのもの。
食べるものもおいしく、
出会う人間まで暖かく感じました。

2008年08月05日

ネオマ60mm驚異の断熱効果

昨日(8/4)名古屋の最高気温は、37.9℃、このところ東海地方は連日の猛暑が続きます。

同じ、昨日午後2時刈谷市内のこと
写真はおなじみイザット外壁西面です。

その表面温度を測定してみました。

なんと!43℃(断熱材なし部分)、42℃(断熱材表面)でした。
次はその室内側


なんと!なんと!35℃(断熱材なし)、22℃(断熱材あり)、
その差実に13℃

 

8/2・3の見学会では猛暑の中、ご来場誠にありがとうございました。
お客様にもこの猛暑ならではの断熱効果および隙間相当面積12cm2
気密効果をご体感いただけたものと存じます。

まだまだ猛暑が続きそうですが、
皆様御身体くれぐれもご自愛ください。

2008年08月02日

「Q値で地球の窮地を救おう!」

今回の見学会(予約制)のサブテーマは
「Q値で地球の窮地を救おう!」です。

グレードアップされた外壁では
午後3時放射温度計の観測で、
室内側外壁面温度は、断熱された部分で25℃
試しに断熱材の無い部分では34℃
実に9℃の温度差を観測しました。
エネルギー高騰と環境保全の時代に
Q値のグレードアップは必須といえます。

気密測定は隙間相当面積が16cm2で、
建物全体の隙間がマッチ箱(18cm2)よりも
小さいほどでした。高気密の一番の目的は、良好な空気環境をつくることです。
これまた健康住宅の必須です。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ