カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月23日

6月21日・・・堅くておいしい話

6月21日(日)父と娘(小5)の会話
(父) 「今日は何の日か知ってる?」
(小5) 「父の日に決まってるジャン!」

(父) 「ほかには?先生何か言わなかった?」
(小5) 「知らない!わかんない!」

(父) 「一年で一番昼が長い日」 (小5) 「???」

この日、北緯34.989度、東経137.002度の愛知県刈谷市では、
南中時太陽高度は、90−(34.989−23.4)=78.411度です。
北緯23.4度は北回帰線の緯度になります。
この日に太陽光パネルを最も効率良い角度にしようとすると、
11.589度ということになります。
tan11.589=0.205ですから
身長170cmの人の影は、わずか34.86cmになります。
尚、南中時刻は、日本の標準と経度で2度違いますので、
12時8分前の11時52分になります。
 

 この日の夕食は何よりの「手作りサラダ」
お塩がとてもよく利いておいしかった!
(父) 「父親参観行けなくてゴメンね!」

2009年06月20日

四方祓い・・・地動説と天動説

 地鎮祭や上棟式などの神事では、土地や建物の四方を清める四方祓いという儀式が行われます。

 順序は、北東の鬼門方向から右まわり(時計回り)で南東→南西→北東の順に清めます。玉串奉てんでも玉串を時計回りに回して、根元を神様のほうにしてお供えします。これは、北半球の日本から見ると太陽や月の動きは時計回りに見え、この動きに基づいているのではないでしょうか?たぶん原始的な日時計の影が右まわりに動くので、時計も右回りなのでしょね。

 でも地球の自転は、左まわりなんですよね!
北朝鮮のロケット(ミサイル?)も東北地方を狙っているわけではなく、自転方向に打ち上げられているようです。確か?太陽のまわりも地球は左まわりに回っているんですよね?(違っていたらゴメン)
 科学の進歩は、目線を宇宙規模にしてくれました。
でも家づくりは、目線は足元、地にしっかり足をつけた堅固な普請を行います。

 自民党と民主党の党首会談、目線はお互いのあらさがし!古い地動説そのままのように見えます。地球規模の天動説を唱える政治家いないのでしょうか? 

2009年06月19日

防犯カメラ・・・かわいいガードマン

6/17かわいいガードマンを見つけました。

24時間監視体制バッチリの岡崎市内某コンビニです。


2009年06月14日

岐阜県で上棟


 ここはどこでしょう?
このデザインは、刀の鍔(ツバ)。
そして刀と言えば、名刀「関の孫六」で有名な岐阜県関市です。
昨日(13日)は刈谷店で初の岐阜県での上棟です。

 この建物は「NESTA」並みの断熱材と、換気は顕熱交換第一種換気、屋根には遮熱シートを敷き太陽光発電設備も搭載した最高レベルの省エネ住宅です。


 柱は、地産地消で地元産「東濃檜」を使っています。
檜特有のピンクかかった木肌からは森のとても良い香りがしています。
天気予報でもしばらくは梅雨の晴れ間が続きそうです。
めでたく上棟おめでとうございました。

2009年06月12日

コレクション?


 これは、私のコイン収集コレクション?ではありません。
道路に落ちている落し物?でもありません。
結構芸術的なものもあります。

 豊田市のものはゴッホの作品のようです。
知立市は、「伊勢物語」。

 カラーのものや四角なものもあります。

 下水道のものは、その街のシンボルとして力が入っていますが、雨水のものはさほどでもありません。

 違いをご存じでしょうか?
道路中央のマンホールは、雨水排水で600φなど太い管が入っています。端のマンホールは下水道で、。消火栓や上水道もほとんど端を通ります。家庭に接続される下水道管は、φ200〜250ぐらいが多く、水道と共に引き込み敷地に近い道路の端に埋設されています。φ300以上の下水本管や雨水管などは家庭に直接繋ぐことはないので、中央付近に設置されます。面白いのは下水道マンホールで、各市町村でデザインを競っているかのようです。臭いものにする蓋なので嫌われないよう優遇されているのかもしれません。こうした鋳物製品は西尾市などで造られています。

皆さんは上を向いてあるきましょうね!
くれぐれも交通事故にはご注意ください!

2009年06月06日

 この季節、水田を渡る風には清涼感や爽やかさを感じます。

 うっとうしい雨はいやですが、雨上がりは空気がきれいです。インフルエンザも雨には洗い流されるように下火になります。
 私たちが生きてゆくのに一番重要な物質に「空気」と「水」は誰もが認めるところですが、その性質はある意味対極的な正反対な面があるのではないでしょうか。

 ドライ(乾燥)とウェット(湿気)、洪水と干ばつ、エネルギー的にも一般的な物質の中で熱容量のほとんどない空気と最も大きな水etc  太陽光=空気と考えるとエネルギーを降り注ぐのが空気で、いろんな外部からの刺激から生物を保護、うるおいを与えてくれるのが水でしょうか。人間の体では体温調節やいろいろな新陳代謝は水に負うところが大ですし、水に近い海岸部などでは温度変化も小さくなります。

 「治水」「利水」などと、為政者も昔から水の扱いでその手腕が計られたりしてきましたが、これからの時代は、水の熱容量を使った「蓄エネルギー技術」が利水の大きなテーマではないでしょうか。保冷剤に使われるマットなども成分のほとんどは、住宅でもを利用して、人間の体温のように一定温度に保てるような機能があっても不思議ではありません。水利用のますますハイブリッドな住まいづくりになりそうです。

2009年06月02日

エコ号外!・・・さすが世界一の発電効率

☀この5月太陽光発電(4.2kw/h)をスタートされたA様邸から
驚きの最新データーが届きました!
約2週間の発電量241kwh消費電力143kwh
驚くなかれ!なんと、
電気代(オール電化なので=光熱費)がプラスになっています。

 さすが世界一の発電効率サンヨーの太陽光パネルです。
この5月は1年で最も日射量が多く、地域的にも愛知県濃尾平野の東側でベストポジションと言えます。


 もう一件、エコニュースは昨年12月入居
オール電化のM様邸(Q値1.58W/khm2)から
直近の電気料金(=光熱費)10,000円/月で済んだとのこと!
仮に太陽光4kw/hぐらいで10,000円/月の発電ができれば、光熱費ゼロも夢ではありません。

エコ(環境)に貢献できる暮らしは気持ちいいですよ!

2009年06月01日

カエルの歌が♪聞こえてこない〜?

おかげさまで週末の完成見学会は大盛況でした(*^_^*)

見学会片付け終了後の夜★
場所は田園地帯!

鏡面タイルの表面には、星屑のライトが光ります。
壁面両サイドの間接照明(LEDライト)も幻想的♫

1Fはモノトーンのモダンな色調です。
室内はとてもサイレント!!
そんな夜の帰りがけの新しい発見!!
インターホンのテストをしてみると、
インターホンごしに聞こえる♪聞こえる♪
なんと!カエルの大合唱♬
この建物内では、カエルの歌はきこえてこない!
全く!といっていいほど

たくさんのご来場、まことにありがとうございました。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ