カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2009年06月02日 | メイン | 2009年06月12日 »

2009年06月06日

 この季節、水田を渡る風には清涼感や爽やかさを感じます。

 うっとうしい雨はいやですが、雨上がりは空気がきれいです。インフルエンザも雨には洗い流されるように下火になります。
 私たちが生きてゆくのに一番重要な物質に「空気」と「水」は誰もが認めるところですが、その性質はある意味対極的な正反対な面があるのではないでしょうか。

 ドライ(乾燥)とウェット(湿気)、洪水と干ばつ、エネルギー的にも一般的な物質の中で熱容量のほとんどない空気と最も大きな水etc  太陽光=空気と考えるとエネルギーを降り注ぐのが空気で、いろんな外部からの刺激から生物を保護、うるおいを与えてくれるのが水でしょうか。人間の体では体温調節やいろいろな新陳代謝は水に負うところが大ですし、水に近い海岸部などでは温度変化も小さくなります。

 「治水」「利水」などと、為政者も昔から水の扱いでその手腕が計られたりしてきましたが、これからの時代は、水の熱容量を使った「蓄エネルギー技術」が利水の大きなテーマではないでしょうか。保冷剤に使われるマットなども成分のほとんどは、住宅でもを利用して、人間の体温のように一定温度に保てるような機能があっても不思議ではありません。水利用のますますハイブリッドな住まいづくりになりそうです。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ