カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2009年12月16日 | メイン | 2009年12月20日 »

2009年12月17日

これも

介護認定者が受けられる助成金があります。

 先日設置されたお客様宅では、手摺の依頼をいただいて設置するまで数カ月を要してしまいました。ご高齢の方ではよくあるケースですが、足腰などを痛め歩行に支障をきたしたような場合、すぐに手摺を付けたり、床やトイレ、バスなどの改修工事をしようとしても、助成金はでません。まず、市町村で介護認定を受ける必要があります。窓口に申請→スケジュール調整→面談→認定という流れですが、面談から認定までだけでも1カ月以上かかっています。認定後助成金の申請ですが、事前に現地確認などが行われ必要の要否を検討し決定されます。これらを経て工事着手まで数カ月ということになります。

 実際問題、家庭の中で手摺が必要な時期とはと考えたとき、ご高齢の方が足腰を痛めた際、数か月を要していたら・・・回復が良好なら出来た頃には要らなかったり、万一症状が重い場合には、車椅子や歩行器を使うために、手摺がじゃまになったりといったことも考えられます。

 本当に必要な時にタイムリーに助成してこそ、意味があると思いますがいかがでしょうか。もともとこうした設備は予防のためのもののはずで、一定年齢以上の方全てに助成したり、必要時に設置した場合、事後に助成することも重要ではないでしょうか。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ