カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2010年03月19日 | メイン | 2010年04月01日 »

2010年03月21日

嵐のち黄砂のち寒波

 豊橋さんの「届きました」のタイトルで一瞬先を越されたかと思いましたが、別の話題でした。
今朝は嵐の後の黄砂で街は霞んでいました。車も白くなって、朝は雲が厚くうす暗くて黄砂っぽい写真は難しそうなので、夕方なら黄色い風景が撮れるかと思いきや、午後には北西の冷たい強風で、黄砂もどこかに飛んで行ってしまったようです。
 でもこんな埃っぽい天気に強いのがイザットハウス!
花粉にも!黄砂にも!超気密性能が威力を発揮します。

 午後は一気に冷え込んできました。
窓に吊るしてあるのは温かそうな私の背広、
断熱効果の高いものを壁際に置くと

こんなものを吊るすと、
その裏の窓ガラスの結露は一層ひどくなります。
厚手のカーテンの裏の窓もひどいですよね!
壁の中にも毛布のような断熱材を入れると、
毛布の外側でひどいですよ!
くれぐれもご注意下さい。

C値

 先日、あるお客様から「C値にはどんな意味があるのか」尋ねられました。
 
隙間を無くすことで、計画換気が適正に行えるようになったり、水蒸気のコントロールによって、省エネ・快適な暮らしが可能になるなどいろいろなメリットがある中、お客様が一番御納得されたのは、施工精度の目安になるという点でした。実測値であるC値の確かさが、計算値であるQ値の裏付けにもなるということです。

 

 写真は、公開気密測定で使ったチラシですが、一番内側の正方形(濃いグリーン)がC値0.09の当社施工物件の家中の隙間を集めた大きさ16cm2、中間は自動車の隙間100cm2、外側の正方形は一般的な高気密住宅C値2.0の家400cm2、を示しています。
 この日の気密測定結果は、0.07、隙間の大きさで比較すれば、一般ハウスメーカーの1/30の隙間しかありません。Q値のもとになる断熱材の欠損など施工精度もC値が参考になるのではないでしょうか。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ