カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 建築確認申請 | メイン | 10年点検・・・その2 »

木のいえ整備促進事業

 木のいえ整備促進事業の家が始まりました。

 当社最近の施工は、東濃桧の柱が定番ですが、「木のいえ整備促進事業」で地域資源活用型助成金を受けるには、柱、梁、桁、土台などの主要構造材の1/2以上産地証明できる材料を使うことが必要要件です。

 そこで今回は、強度上問題ない箇所に紀州産の杉を使いました。

 杉の木肌はとてもきれいで調湿作用も大きいなどの利点がありますが、せん断やたわみなどの強度は松に劣ります。NGではありませんでしたが、たわみの違いが大きいので、荷重のかかる大きなスパン梁では米松集成材を使い、比較的負担の軽い小さなスパンに紀州杉で対応しています。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/7248

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ