カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2010年12月 | メイン | 2011年02月 »

2011年01月29日

三菱太陽光発電

 1/27 M様邸太陽光発電が始まりました。

 三菱の新商品単結晶モジュール200Wが30枚の計6.0kwになります。


 上のパネルからの雨水や汚れは、下のパネルには流れないように工夫されています。
三菱のパワーコンディショナーは、業界No.1の変換効率97%で、発熱も少なく音も静かです。


 もう一つの売りは、何とモニターがテレビに出ます!左下の小さなモニターが従来のもの。  これで一層エコ意識も高まりそうです。

 太陽光の売電価格は、3月末までに電力会社へ申し込み、6月30日までに通電すれば、48円/kwhでいけるようです。助成金は、3/31までに受理されれば、最長7カ月延長できるようです。(予算が終了次第なくなります)    まだ間に合います!

2011年01月27日

うんがつくか!つかないか?

 M様邸では、今朝から太陽光発電設備の工事が始まりました。

 三菱の新製品単結晶モジュール200Wを載せます。パワコン効率No.1、発電が楽しみです。

 
 先日某住宅設備機器メーカーでもらったストラップ!
営業マンによれば、「うん(運)」がつくんだそうです???。

 シャレの好きなうちの娘がさぞ喜ぶかと思いきや、
「これって「うん」が流れちゃう!」と言われてしまいました。
そういえばこのメーカーの宣伝文句にも
「汚れのつかない表面加工」がされていたはずです??

2011年01月22日

住まいの「エコ○マル」

 環境(エコ)重視の刈谷店では、昨年までの「エコひいき」につづき、今年も新たな「エコサービス」を実施します。メインテーマは「住まいのエコマニュアル」略して「エコ○マル」です。詳細はただいま作成中で、もうしばらくお待ちください。

 

 2009年秋からお住まいのY様(岐阜県関市)からも「エコニュース」が届きました。

 シャープ4.32kwの太陽光発電
2010年1月〜12月の1年間で発電量は、5,376kwhで
シャープカタログに載っている名古屋の予想発電量を約10%上回る数字です。

 お客様から寄せられる貴重なデーターや、昨年実施したお住まいのお客様からのアンケート結果をもとに、よりエコで光熱費のかからない暮らしの秘訣「エコ○マル」を作成したいと思います。・・・乞うご期待あれ。

2011年01月20日

新年エコニュース

 今年最初のエコニュースがA様から届きました☀
 (2009年5月から太陽光発電開始/サンヨー4.2kw)
昨年1年間の太陽光精算書も届いていますので、併せてご報告します。

 さすがに1年で最も日の短い12月は、昨年に続き自給率100%を切っていますが、料金的には買電¥8,148。売電¥17,136。差し引きプラス¥8,988円でプラスをキープされています。

 

 この1年間(2010年1月〜12月)では、買電¥73,561。売電¥218,640。差し引きプラス¥145,079となり、月平均+¥12,090という結果になりました。売電以外の発電もありますので、年間ですと25〜26万円太陽光による料金的メリットがあったものと考えられます。

2011年01月15日

加湿器

 寒い日が続きますが、お変わりございませんか。
寒い日に暖かい室内では、当然、過乾燥状態になります。
過乾燥はカゼなどひきやすいので、加湿器やストーブ+やかんなどで
調湿されておられるお宅も多いのではないでしょうか。

 交通不便な田舎では、普段から車に乗る機会も多く、
暖房の効いた快適な車内で、乾燥を感じることもあるのではないでしょうか。
しかも車内の空調は風を伴うこともあります。

 ところが、車の車内で使える加湿器って、私が知らないだけかもしれませんが、意外にないんですよね?

 昨冬、うちの奥さんが見つけてきた加湿器

 白いトレイ部分に水を注ぐだけ、お手軽ですが車ではやはりつかいづらく、この冬は娘の机で使われています。

 明日16日(日)は、吉良町で公開気密測定です。

2011年01月11日

結露のある構造見学会

 「結露のない外断熱」とはイザットハウスの謳い文句、とかく高気密・高断熱住宅は「結露が無い」と誤解される方も多いようです。では次の建物のうち、室内で結露のおこりやすいのはどっち?

  々盖ぬ・高断熱

  低気密・低断熱

 単純比較であれば、,箸いΔ海箸任靴腓Δ。
理由は、高気密のほうが室内の絶対湿度が高くなるからです。
今日は鏡開きですが、おもちやパンの入ったビニール袋の内側が結露するのと同じです。
 一方、スースーの日本の伝統家屋は結露しにくい作りといえます。

 昨日の構造見学会では、北側勝手口のアルミサッシ枠で結露が見られました。冷え込みも厳しかったのですが、工事中の換気の働かない高気密建物の室内では絶対湿度が高いせいで、普通の建物以上に露点温度が高くなります。
 実際にお住まいになられても、4〜5人以上のご家族などで、比較的低めの温度で暮されたり、加湿器を多用されるような場合には、普通の家以上に結露しやすくなります。
 

 但し、室内が20℃以上の快適温度であれば、結露を見ることはほとんどありませんし、そうした快適環境をつくるには、高気密・高断熱は容易にできます。また、逆に言えば加湿効果は高く、過乾燥にはなりにくい健康住宅とも言えます。

 こちらの屋根には太陽光発電設備(サンヨー5.6kw)が載ります。
お寒い中、ご来場誠にありがとうございました。

2011年01月06日

初日の出

 新年あけましておめでとうございます。

 天気予報はあてになりません!
元日、小6の娘が早起きして、決意も新たに「初日の出」を見たいということで、吉良サンライズパークへ出掛けました。雪とか荒れ模様の予報は外れ、見事な初日の出となりました。☀

 吉良のサンライズパークからは真東は、豊橋市北部方向、ちょうど豊川の河口方向になりますが、冬至から間もないこの季節、太陽は23°くらい南から顔を出しますから、吉良では蒲郡市西浦の半島(写真右)と田原市蔵王山の間の低い位置から出てきます。初日の出は水平線(地平線)が輝き始めると、思った以上に赤く!大きく!意外に早い速度でみるみる上り始めました。

 今年も、良い年になりますように、ご祈念申し上げます。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ