カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« ひかりかべ | メイン | 白浜保育園 »

雪と屋根

 今朝は、愛知県地方もうっすら雪景色になりました。
昨夜来の雪は、大粒なみぞれのような雪でしたが、
気温が低かったせいかシャーベット状に凍って残りました。

 今朝の通勤風景ですが、屋根の雪の残り方が様々なのがわかります。風や温度、湿度など外的な気象条件によっても違うと思いますが、残り方の三要素は、_虻の材質形状 屋根勾配 2虻断熱性能ではないでしょうか。

 

 材質では、金属や瓦でも釉薬などで焼いた表面の滑らかな瓦が落ちやすく、砂付カラ―ベストや砂付ルーフィング、昔ながらの陶器瓦は落ちにくそうです。形状では、フラットな瓦のほうが波状のものよりよく落ちます。

 勾配は、もちろん急なほうがよく落ちます。今朝の場合、ボーダーラインは、4.0寸〜4.5寸ぐらいでしょうか。5寸を超えると落ちが良いようです。・・・・・(5寸勾配とは、水平方向に10、垂直方向に5上がる勾配です。数字が大きいほど急勾配ということになります。)
 雪止めの位置も屋根素材と勾配を考慮して決めたほうが良さそうです。5寸以上の屋根では、中ほどにもあったほうがよさそうです。でないと屋根面全ての雪を軒樋で受けることになったりします。積ってもせいぜい積雪20cm程度のこの地方では、ほどほどに雪を保持できる4.5寸勾配ぐらいが勾配的ベストでしょうか

 素材も勾配も落ちにくそうなのに、なぜか早くから雪の無い屋根もあります。推定ですが、室内の温度が屋根面に伝わりやすい造りなのではないでしょうか!つまり断熱の弱い屋根ということです。

 太陽光パネルも雪の落ちは、宜しくないようです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/7710

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ