カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2011年11月06日 | メイン | 2011年11月13日 »

2011年11月10日

アイディール女子の悩み (冬のお肌編)

11月8日  火曜日

さむーーーい (>_<)

夜事務所から外に出たら予想以上の寒さ。
(それでも気象情報をみると、平年の平均よりも何度か暖かいみたい。)


冬はもうすぐそこ。
アイディール女子の悩み・・・お肌の天敵、乾燥の季節到来です。

私個人の意見ですが、「美肌の基本は保湿!保水!」
乾燥なんてもってのほか。
(聞くに、お肌の角質層の水分量は、湿度50%以下で半分以下になるそう)

昔はさほど乾燥を気にしなかったので、
温度計は見ても、湿度計は見なかった。

今はお肌のリカバリーに苦労するお年頃。
それに毎日モデルハウスの温湿度の計測をしてるからイヤでも気になる。
(アイディールは創業から12年間、毎日朝と晩に計測。)


この日の夜の温室度計。
外は15度・38%。中は21度・39%。(ちなみに小屋裏の中は21.6度)
(さすが10年選手でもイザットハウス。中は熱源も人気もないけど温かみがある。)



乾燥の季節がやってきたなぁと実感です。


高・高住宅の冬は室内がどうしても過乾燥になります。
これは高・高のデメリットですよね。


私はこのデメリットも受け止め、補って上手に付き合う。
そんな住まい方をお施主様にはしていただきたいなぁと思ってます。

★加湿器を置く。(給気・排気口の位置をみて置いてほしいなぁ)

→メイン熱源に加湿器を補助で足すイメージでより省エネ♪

ご存知かと思いますが、湿度が低いと皮膚から汗が蒸発しやすくなって体温が低下しやすくなります。
なので、湿度を上げると汗の蒸発が抑えられて暖かく感じたりします。
(夏の除湿で涼しくなる効果と比べると、その効果は劣りますが。)


★洗濯物を室内干に。

→家事の短縮にもなりますよね♪

(24H換気と気密力のおかげで常に流れる空気。洗濯物の水気もいっしょに運びます。)


★お風呂の残り湯を溜めておく。

→私はグリーンの水あげはお風呂の残り湯でやります。
土が乾いたら鉢受けから出して、ドバーっと水をあげて水が切れるまでほっとく。
観葉植物を育てるコツです。
水道代の節約になるし、防災的な役割も。

★観葉植物を置く。

→癒しに、インテリアに♪


加湿すると風邪ひき対策にもなりますし、
暖の準備とあわせて、加湿の準備もしてみてください。


以下女子的余談・・・・


下の写真は私が今お気に入りのプリスティーンボディウォーター。
これ自体も化粧水ですが、普段の化粧水の前にこれをつけると、
ぐんぐんお肌に吸い込みます。その後の化粧水の浸透もちがう。


お手頃価格で、あまりに気に入ってるので紹介です。
より詳しく知りたい方はメールウェルカム。

ぜひぜひ住まいの加湿+お肌の保湿を〜。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ