カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2012年04月 | メイン | 2012年06月 »

2012年05月25日

誕生!ゼロエネルギー住宅

 26(土)・27(日)は完成見学会(安城市緑町)

このお宅をモデルに今年度スタートの国土交通省「住宅のゼロエネルギー化推進事業」のエネルギー削減率を算出してみました。それによると
  標準エネルギー消費量48.15GJ
    に対して
  この家のエネルギー消費量は35.87GJ
  省エネによる削減量は12.28GJ
  太陽光発電(4.14kw)による削減量は40.16GJなので
  合計削減量は52.44GJ、エネルギー消費量は−4.29GJ
ゼロエネルギー住宅達成です!!
エネルギー削減率は、108.91%
≧100%

 因みにこの家のQ値=1.92W/m2kh、C値=0.06cm2/m2換気は第三種、太陽光はパナソニックHIT 4.14kwです。

グレードアップ提案  
_召紡斥杆を6.0kwに増設しますと、
    エネルギー達成率は138% 
換気を第一種熱交換(70%)に変更しますと、
    エネルギー達成率は165%
,鉢△鯲省行いますと
    エネルギー達成率は何と197%になり、一軒の家で二軒分のエネルギー削減が可能です。

内部は動線重視の機能的で使いやすい造りに仕上りました。

皆様のご来場お待ちしています。


2012年05月24日

草津店服部さんには負けますが

 草津店服部さんには負けますが、私も東京へ出掛けました。

 14:10東京着でしたので、そのまま京浜東北線でスカイツリーに一番近い上野まで行きました。東京駅の京浜東北線の乗り場は、4番線と7番線で、その間の5、6番線は山の手線なんですね!つまり東京上野間は山の手線の両側を京浜東北線が走っていて、ホームは4、5番と6、7番がそれぞれ一つになっていますから上野方面なら4番、5番どちらでも良いのですが、4番のほうは快速電車なので急ぐ人は4番ということで良いのでしょうか?・・・東京の方には馬鹿にされそう

 15:00の会議なので上野まで行ってトンボ帰りで東京駅へ。田舎者の私は先頭車両に乗り込みました。

 こちらは21日の大阪駅

2012年05月22日

23億円/2千数百名(社)

 21日、住宅のゼロエネルギー化推進事業の大阪会場説明会に行ってきました。
予想どおり4〜5百名の会場は、満員でした。全国で7会場開催されるので、説明会参加者は少なくとも2千数百名(社)ぐらいでしょうか。この事業の予算は23億だそうですので、頭割では23億円/2千数百名(社)=100万円ぐらいになります。
 
 1件あたりの補助額最大165万円、1社あたり10件まで受けられるという触れ込みをあてにして説明会に参加した人からすると、この盛況は吉か?凶か?応募しただけで、採択されないケースも多々ありそうです。

 ラッキーなことも

途中の岐阜羽島駅から金環日食を見ることができました。
 写真は上手くとれませんでした。草津店の服部さん「教えて下さい。」

 刈谷地方は曇ってしまったので、
住宅のゼロエネルギー化推進事業のおかげでした。 

2012年05月19日

5/26・27 完成見学会(安城市緑町)

 「外断熱で梅雨を快適に」
C値0.06cm2/m2、Q値1.9W/m2khのお宅で完成見学会です。
この機会に梅雨の超気密住宅を是非ご体感下さい。

[案内図]
 こちらのお宅の太陽光発電は、パナソニックHIT230W×18枚=4.14kwで、エネルギー自給もお楽しみです。

2012年05月13日

名古屋南jct

 伊勢湾岸自動車道、名古屋第二環状自動車道、名古屋高速三号大高線の3つの高速道路が接続する名古屋南JCT [地図]

 接続路線数日本一だそうで、下の国道302号線からは空もあまり見えません。
地盤面が国道302号、立体交差の2層目は国道23号で、その上に3つの高速道路のジャンクションが何層も重なって、下からではどれがどうなっているのか分かりません。


 12日はこのジャンクションの近くで地盤調査、後方は名古屋第二環状自動車道です。

地盤は極めて良好でしたバン!バン!

2012年05月08日

奕々たるその神彩・・・七類堂天谿展

 急きょとれた烏丸高辻にあるホテルは四条や祇園まで歩くには距離があり、タクシーでは近すぎるちょっと不便な場所なので空いていたようです。2日目、ホテルロビーで見つけたのが奕々たるその神彩・・・七類堂天谿展でした。
 この会場は、「臨済宗相国寺」にある承天閣美術館というところで、偶然にも昨日の天龍寺が京都五山の第一で、この相国寺が京都五山の第二なのだそです。地下鉄で3つ目の駅にあり、ちょっと不便なホテルからは便利な場所にあります。
 
 奕々(えきえき)たるその神彩  
 タイトル文字の読みも意味も分からずとにかく入館、午前10時、何人か開館待ちの人たちは、開館と同時に当然のように本堂へ向かいますが、宿題第一の我が家は、誰も向かわない承天閣美術館へ真っ先に入ることになりました。・・・ここでも逆転の発想大成功=ただのへそまがり?

 会場でまず目に飛び込むのは、櫻下三笑の図サブタイトル「雪舟を超えよ」そのまま、無駄なく繊細で、少ない色彩なのに色彩豊かに・・・・見応えあり、お勧めです。


 さらにラッキーは七類堂先生のサインとその上、撮影禁止の絵の前で記念撮影させていただきました。
一番乗りにはいろんな特典がありました。でも午後急用ができ、お土産も買えず中途で帰ることとなりました。

雲龍図特別拝観

 このGW、久しぶりの家庭サービスで京都に出掛けました。
急遽ということで、スタートはホテルを決めただけ。どこへともなく始まりました。唯一つ娘の宿題のテーマが、連休中2カ所以上の美術館(または博物館)巡りとレポート提出ということで、美術館必修のお出掛けではありました。

 新幹線の車中で決まったのが、「嵐山のトロッコ列車」でした。
が、道中JR京都駅や亀岡駅で前売り乗車券を聞いても、あいにく前売券は上り下り共全て完売!現地で当日券が手に入れば乗車可ということで、考えた作戦は嵐山発の下りよりも亀岡発の上りの早い時間帯を狙うことにしました。
 その結果首尾は上々「立ち席券」GETに成功

 トロッコ列車の後は、レンタサイクルで新緑の嵯峨野を満喫!
世界遺産の天龍寺では、テーマの一つ大方丈の雲龍図を拝観しました。
10.6m×12.6mの天井いっぱいに墨色で描かれた八方睨みの龍は迫力満点!どこから見てもこちらを睨んでいるので、鑑賞者もあちこち移動します。
 撮影禁止でこの迫力をお見せできないのが残念

 苔蒸す常寂光寺からは市街にかかる虹も見えました。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ