カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2012年04月28日 | メイン | 2012年05月13日 »

2012年05月08日

奕々たるその神彩・・・七類堂天谿展

 急きょとれた烏丸高辻にあるホテルは四条や祇園まで歩くには距離があり、タクシーでは近すぎるちょっと不便な場所なので空いていたようです。2日目、ホテルロビーで見つけたのが奕々たるその神彩・・・七類堂天谿展でした。
 この会場は、「臨済宗相国寺」にある承天閣美術館というところで、偶然にも昨日の天龍寺が京都五山の第一で、この相国寺が京都五山の第二なのだそです。地下鉄で3つ目の駅にあり、ちょっと不便なホテルからは便利な場所にあります。
 
 奕々(えきえき)たるその神彩  
 タイトル文字の読みも意味も分からずとにかく入館、午前10時、何人か開館待ちの人たちは、開館と同時に当然のように本堂へ向かいますが、宿題第一の我が家は、誰も向かわない承天閣美術館へ真っ先に入ることになりました。・・・ここでも逆転の発想大成功=ただのへそまがり?

 会場でまず目に飛び込むのは、櫻下三笑の図サブタイトル「雪舟を超えよ」そのまま、無駄なく繊細で、少ない色彩なのに色彩豊かに・・・・見応えあり、お勧めです。


 さらにラッキーは七類堂先生のサインとその上、撮影禁止の絵の前で記念撮影させていただきました。
一番乗りにはいろんな特典がありました。でも午後急用ができ、お土産も買えず中途で帰ることとなりました。

雲龍図特別拝観

 このGW、久しぶりの家庭サービスで京都に出掛けました。
急遽ということで、スタートはホテルを決めただけ。どこへともなく始まりました。唯一つ娘の宿題のテーマが、連休中2カ所以上の美術館(または博物館)巡りとレポート提出ということで、美術館必修のお出掛けではありました。

 新幹線の車中で決まったのが、「嵐山のトロッコ列車」でした。
が、道中JR京都駅や亀岡駅で前売り乗車券を聞いても、あいにく前売券は上り下り共全て完売!現地で当日券が手に入れば乗車可ということで、考えた作戦は嵐山発の下りよりも亀岡発の上りの早い時間帯を狙うことにしました。
 その結果首尾は上々「立ち席券」GETに成功

 トロッコ列車の後は、レンタサイクルで新緑の嵯峨野を満喫!
世界遺産の天龍寺では、テーマの一つ大方丈の雲龍図を拝観しました。
10.6m×12.6mの天井いっぱいに墨色で描かれた八方睨みの龍は迫力満点!どこから見てもこちらを睨んでいるので、鑑賞者もあちこち移動します。
 撮影禁止でこの迫力をお見せできないのが残念

 苔蒸す常寂光寺からは市街にかかる虹も見えました。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ