カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 誕生!ゼロエネルギー住宅 | メイン | オームの法則 »

影にも負けず。曇天にも負けず。暑さにも負けず。

  影にも負けず。曇天にも負けず。夏の暑さにも負けず。

 何のことかおわかりでしょうか?
答えは、薄膜型太陽光発電モジュール!

 先日、太陽光発電を扱う某商社の担当から教えていただきました。
面積(モジュール)当たりの発電量では、シリコン系に劣る薄膜型ですが、
公称kw当たりの発電量では、むしろシリコン系を上回るデーターもあるようです。

その理由は、
 .皀献紂璽詆縮未鳳討落ちたりしても発電量はそれほど落ちない。
 曇天や朝夕の日射の弱い状態でも発電できる。
 シリコン系では温度が高いと発電効率が落ちる弱点がありますが、薄膜は高温でも強い。

 上のような理由で年間通すと、公称kw当たりでは、意外に薄膜が強いということです。

当然、日射の条件が悪くなればなるほど薄膜型優位!
面積に余裕のある場合では、kw当たりの価格が安い薄膜型優位!ということになります。

 企業などで設置面積に余裕があれば、全量買取制度には薄膜型もお勧めです。

 大阪橋下市長の変節は、最後の砦が崩壊した感が否めません。
どちらに進むにしても「将来原発をどうする?!」といった国家の明確な施策が示されないと、民間企業からは積極的な闘志も投資も出てきません!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/8948

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ