カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2012年09月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月30日

上棟のつづき

 27日は絶好の上棟日和

 屋根は断熱性能世界一フェノバボード60mmです。
ちょっと汚く見えますが、隙間は発泡ウレタンで充填、
欠損の無いように施工、また垂木と垂木の間は通気層になり、屋根の棟部分から排気します。

 作業は天候にも恵まれ、明るいうちに屋根断熱、本垂木まで終了!


 屋根上は、絶景!名古屋東部の丘陵地帯が一望できます。もしかすると伊勢湾まで?飛行機雲は下り坂☂明日(28日)は雨の予報なので、暗くなるまでにシート養生も完了!
めでたし!めでたし!でした。

2012年10月26日

建築ラッシュ

 上棟前日の現場

 不況どこ吹く風!? 近隣は、とにかく建築ラッシュ!
上棟場所は、正面左工事中のブルーシート(Mホーム)と右完成したばかりの白い建物(Tホーム)の間。建物右下はRC造ビルトインガレージでRCと木造の混構造です。

写真中の車両も、。○ホーム、△住宅、□工務店・・・etc 周囲の工事関係のものです。近くでは某社の完成見学会も行われ、明日は今日以上の大混雑になりそうです。

 

2012年10月20日

現地調査・・・☀太陽光畑

 蒲郡市で太陽光畑の現地調査です。

 この畑には150wモジュール170枚を計画中で、年間35,700kwhぐらいの発電見込みです。170枚は当社でも初めて、壮観な景観が楽しみです。

 蒲郡市はみかんの産地、近くには塩津という地名もあり、日照条件は良好、当社お客様実績ではメーカーカタログの予想発電量より10%割増した発電量が見込めます。

 既築の建物では配線をどう通して、パワコンをどこに設置するかなど綿密な調査が必要となります。パワコンからは非常電源もとれ、こちらでは事務所パソコンの近くと冷蔵庫近くにコンセント設置します。

 ところで、人口742万人の愛知県と、人口140万人の沖縄県の県庁は、どちらが大きいかご存知でしょうか?

 沖縄県庁延べ床面積78,243屬紡个靴董愛知県庁本庁舎は、28,314屬如∪渉舎33,705屬鮃腓擦討癸僑押ぃ娃隠広屐2縄の勝ち! 建物の中味は分かりませんが、意外でした。・・・こうしたことはほとんど報道されません。

2012年10月18日

ダノンビオ14日間チャレンジ

 ダノンビオ14日間チャレンジ

ダノンビオを14日間食べて、ご満足いただけない場合はキャッシュバックするという企画のようですが・・・

うちのかみさんの解釈では、ご満足とは「おつうじ」のことのようで、キャンペーンにかこつけて、お通じに問題のある私に食べさせようというわけです。

おかげさまで、このところお通じはほぼ毎日で順調のようです。
お通じにお悩みの方は一度試されてはいかがでしょうか!

 ・・・ところで、このダノンビオのキャンペーンをよく噛み砕いてみると
自社製品への自信の表れともいえ、スゴイことです!

住宅でもやれたら素晴らしいですね!
1年間お住まいになられて、ご満足いただけない場合は、キャッシュバックします・・・なんてね

2012年10月07日

衣替え

 10月は衣替え
・・・のはずなんだけど・・・?
世間の服装は大して変わらない感じがします。
気温も10/4名古屋で最高気温30.5℃など
10月というのに25℃を下回る日はありません。10月の最高気温の平年値が22.8℃、9月が28.6℃なのでおよそ1ヵ月気候がずれているようで、気温的には衣替えは11月でもよさそうです。


 先日、あるお客様から雨樋桝からの水漏れ相談があり、現場を見てきました。
築30数年、立派な銅雨樋の受け桝の下部に穴があります。

 お客様によると、銅の樋にしたのは、見た目もありますが、長持ちすると考えて銅を選ばれたとのこと、なのに同じ時期に建てたガレージの塩ビ雨樋はまだ問題無く機能しているそうです。

 一般的には樋の材質としてステンレスはベストなんでしょうが、銅は材質グレードも人気も高い素材で長持ちすると考えられていますが、専門家に言わせると、最初から10年間ぐらいの管理が重要なんだそうです。特に内側の清掃管理で緑色の錆(緑青)で一通り腐食すれば、そこから先は内部が保護され長持ちするんだそうです。とりわけ鉄粉のような異金属片は要注意だそうです。

2012年10月06日

薄膜型 ソーラーフロンティア

 空が見えますか?
影にも強く、熱にも強い「薄膜型太陽光発電」

今回は150Wモジュール×56=8.4kw
なかなか壮観、かつスマートです。

 弱点は面積あたりの発電が低いことですが、長所はシリコン系に比べ悪い条件でも安定的な発電が期待できるので、年間を通しての実発電量は大きくなります。価格も比較的リーズナブルで、影の影響など条件の悪い場所や面積が確保できる場所ではお勧めといえます。


 こちらは太陽光をたくさん載せるための片流れ屋根の最上部、北側斜線制限のため軒の出はゼロです。黒い部分は、屋根面通気層からの通気のためのハニカム構造のリッチベンツ。屋根面を通気した空気が排出できるようになっています。

2012年10月02日

台風進路

 この季節台風の進路は上空の偏西風の影響が大のようですが、微妙なところでは地形の影響もありそうです。

 先日の17号は、熊野灘を紀伊半島南岸に沿って進み、鳥羽から海を渡って、豊橋付近で上陸しましたが、このようなコースをたどると愛知県東部〜静岡県西部あたりに上陸したりします。このコースが多いのは紀伊半島の地形と関わりが深いようです。台風といえども紀伊半島の最も高い部分の大台が原付近を避けて平坦な道を通る傾向があるようです。

 こうした紀伊半島南岸コースでは、進路の北側にある名古屋などは比較的穏やかになるわけですが、愛知県で最も大きな被害となった伊勢湾台風や昭和28年の13号台風では紀伊半島の先端潮岬の西側から角度を持って上陸しています。伊勢湾の場合では北北東ぐらいの進路で紀伊山地の山あいから鈴鹿山脈の西側を通っています。

 こうしてみると名古屋周辺は紀伊半島のおかげで台風の直撃を受けにくい地形といえます。ポイントは潮岬の東か西かになります。

2012年10月01日

野分け

 昨日朝、自宅のある吉良町は晴れ!風も穏やかでした。
昼頃から刈谷市内では雨が降り出し、風も吹きはじめました。
お客様宅(名古屋の天白区)マンション8階の室内では、どこ吹く風でとても静かです。

 16時過ぎの名古屋市内も普通に傘をさして歩けます。
帰途の国道23号でも刈谷市内までは順調で車の流れは平均80km/h(オフレコ)で流れています。が市街地を出ると、次第に荒れ模様ではなく一転暴風雨圏に突入です。

 道路を水が横に走り、雨も横に飛んで行く様子が写真では分かりにくいようです。車がふらついて時速も60km/hを超すと危険な感じです。プリウスは強風には向かないようです。西尾市内では工事のバリケードが倒れたり、17時ごろ吉良町に入ると一段と迫力が出てきました。木の枝が道路を横切ったり農器具小屋も道路まで飛ばされていました。


 7時にはご覧のような中秋の名月が顔を見せ、西の空は茜色でした。

めまぐるしい一日が、掛け抜けました。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ