カレンダー

2013年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 成人の日 | メイン | スタイリッシュなお住まい誕生 »

太陽光発電買い取り価格引き下げ

 「太陽光発電買い取り価格引き下げへ」という経産省の方針が報道されました。

 予想されたこととはいえ、気に入らないのはその理由です。
なんと!「導入コストの低下など」なのだそうです。

 今年度、国の太陽光発電設備にかかる費用の助成金制度はどうなっているかご存知でしょうか?
JPECによれば、
太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり35,000円※、または30,000円※
とあり、
  1kW当たりの補助対象経費(税別)
    3.5万円〜47.5万円以下がKWあたり35,000円
    47.5万円〜55万円以下が 同じく30,000円
    55万円を超えた設備には補助は出ません。
 要するに金額の安い設備に高い助成で、金額の高い設備には助成しないというわけです。
価格統制かデフレ助長かという政策です。

 25年度、真逆の政策に転換です。すなわち24年度まで、安い設備に手厚く助成していたものが、設備が安くなったから売電価格を下げるというわけです。業界もユーザーもこの政策にまんまと乗せられました。

 どうやら政権交代だけの政策転換ではなさそう。
政治よりもっと高度な政策を練る人がいるようです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/9524

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ