カレンダー

2013年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2013年07月18日 | メイン | 2013年08月02日 »

2013年07月26日

暑中お見舞い申し上げます

 東海地方は、7月上旬の梅雨明け以後、暑い夏をキープ!
暑い中から、お客様からの話題もいくつかいただいています。
そんな中から住まい造りのヒントをいくつかご紹介します。

 その1 第一種熱交換換気
換気システムでは、第一種熱交換タイプの効果が猛暑の中で発揮されているようです。築2年半、K様邸ではエアコン無し状態で1、2F の温度差2℃だそうです。上下の温度差を少なくする方法で、シーリングファンがありますが、第一種熱交換換気ならファンの届かない部屋まで効果があるようです。2階のみのエアコン使用なら温度差はもっと小さくなると考えられます。因みにK様邸換気システムは、デンソーエース顕熱交換(交換率70%)です。

 熱交換率90%のスティーベル・・・お楽しみです

 その2 日射取得
 逆に1、2Fで温度差を感じるといわれるのはG様邸、換気は第三種で、エアコンは1階のみということなので、2階ではどうしても温度は高め、シーリングファンもありますが、高さが高く効果が限定的のようです。
 加えてもう一つは、日射の影響と思われます。Q値はまずまずですが、庇が短く、片流れ屋根で外壁面積が大きく、建物周囲も日射を遮るものがありません。

 新しい基準の低炭素化住宅やエネルギーパスの考え方では、従来住宅ではあまり考慮されていなかった日射の影響に重きを置いています。具体的には夏の日射遮蔽や冬の日射取得を必要エネルギーの計算に入れるようになっています。

 「換気」と「日射」 ・・・この夏、勉強させていただきました。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ