カレンダー

2014年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 2014年1月16日 | メイン | 2014年1月26日 »

2014年1月20日

全天日射量

 蒲郡市大国屋様太陽光27.36kwは、昨年7月発電開始以来、順調に発電しています。

勾配は約6°。方位は真南から西に25°振っています。

問題:この向きで発電量のピークは何時頃でしょうか?

 1.12時  2.13時  3.14時  4.15時

IMG_4104.jpg ソーラーフロンティアの産業用モニターはPCで発電量を管理できます。

それによれば、7月のピークは12:23、8月12:04、9月11:49、10月11:40、11月11:57、12月12:02、1月12:01(20日まで)

平均で12:00ジャストでした。正解は1となります。

 要するに太陽光モジュールが少々西を向こうが、東を向こうが発電のピークは12時になるということです。私見ですが、空全体の日射量(全天日射量)のピークは南中時刻なので、この時刻の発電がピークになるということでしょう。この付近は東経136°ぐらいなので、正確には11時56分が南中時刻ですが、4分過ぎの結果が西を向いている影響からかもしれません。もう一つの要因は温度です。太陽光は温度が上がるほど発電が落ちるといわれ、1℃上昇で0.4%ぐらい下がるとされています。温度のピークは午後2〜3時ぐらいでしょうから、そういう意味でも午前の発電のほうが高いことになりピークは前になりそうです。もしかして東25°の場合は11:50ぐらいになるかもしれません。・・・・・太陽光の雑感でした。

 因みに、ソーラーフロンティアのモジュールは、化合物系で温度上昇に強いといわれています。

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ