カレンダー

2015年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 水が冷たくない | メイン | イザット流極意・・・給水給湯の巻 »

壁体内結露

 「実家の床がグワグワなので見てくれないか。」友人からの依頼で、ちょっとリフォームの匠気分で住まいの診断に出かけました。問題の現場は、広さ12畳ほどのダイニングキッチン。昔ながらの間取りで、建物の北東隅に位置していました。北と東に窓、東の窓に面してキッチンの流しとレンジという配置です。床がグワグワしているのは中央より少し西、南面に近いあたりが最もひどいようで、一部床のクッションフロアーも断裂していました。

 問題はどうして外部に面した北側でもキッチン流しやレンジのある東側でもなく、一見水気の無いダイニングテーブル近くの西南寄りなのでしょう?リフォームの匠は考えました。KK.jpg
KK (6).jpg 

 写真は別のお宅のリフォーム現場です。下は北面キッチン黒ずんだ結露跡は壁の下部と左奥は収納内部です。

キッチンよりもっとひどいのは上の写真、実はリビング入口付近。入口の外は外部というわけではなく玄関ホールです。???

 その理由は、この付近にガスストーブが置かれていたため!!

床がグワグワのお宅でも、ダイニングテーブル近くに石油ファンヒーターが置かれていて、最もひどいグワグワはファンヒーターから1m内外の場所です。

  C12H24+12O2→12C02+12H2O

灯油を燃焼させると、ほぼ同じ量の水(水蒸気)が発生、その周囲の冷たい壁や床などで結露が発生するというわけです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt6/mt-tbx02.cgi/10887

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ