カレンダー

2013年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31




外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

メイン

太陽光仰角その2


  図をクリックで拡大します。
 これは北緯35°地点の冬至における
一辺の長さ1mの立方体が作る日影図です。
12時の南中時には北方向に1.7mほど影が落ち、
午後3時(午前9時)には北方向へ2.4m、
午後4時(午前8時)には同じく4.3m影が落ちることになります。

 上図は、太陽光モジュールを水平方向に4m敷設した時の日影の影響ラインを示しています。後方のモジュール位置は、冬至の午後3時(午前9時)の影位置にしてあります。この場合モジュール4mに対して勾配2寸(2/10 約11°)では後方モジュールとの間を約2m空けることになり、勾配3寸(3/10 約17°)では約3m空ける必要があります。

仰角(太陽光モジュール)

このところ☀太陽光設備工事は、あちらこちらで花盛りです。

 こちらは、西尾市でもうすぐ完成41.25kwです。
折板屋根に直接架台レールを取り付けていますので、
勾配は1度ちょっと(2%)しかありません。
「他所では三角形架台でもっと角度が付いているけど大丈夫?」と心配顔のお客様。

そこで他所の写真を撮ってきました。

 確かに勾配があります。
写真左は推定11°(20%)ぐらい、右は推定17°(30%)ぐらいかな。
この3つどれが有利とおもいますか?

よくこの地方(緯度35°)で最も良い条件は、30°といわれますが、
三角架台を付けたものもそこまでは角度がありません。

その理由は、影にあります。左は11月24日午前10:30分
影に注目して下さい。おそらくこの季節、10時前と午後3時過ぎには前列モジュールの影がかかっていると思われます。右も同様でモジュールに勾配を付けると間を空ける必要が生じ、角度が大きいほど広く空ける必要があります。土地に対する敷設割合は推定ですが、左で70%、右では60%ぐらいでしょうか。

 では角度による発電低下はと言いますと、国土交通省資料では?b地区で、モジュール1kw当たり標準エネルギー換算、20°〜30°で10.7(GJ/kw・年)に対し、10°で10.3、0°で10.0となっています。つまり写真右を100とすれば、左は96、上は93ということになります。
 
 敷設面積と効率を掛けあわせると
  上(仰角1°) 100×0.93=93  
  左(仰角11°) 70×0.96=67.2
  右(仰角17°) 60×1=60 
 いかがでしょうか!!

フラットな敷設のメリット
 1.敷設面積が大きい(100%)
 2.影の影響が少ない(発電時間が長く、ムラが無い)
 3.施工費が安い
 4.メンテナンスが容易
 5.耐風強度が高い

一方デメリット
 モジュール表面汚れがありますが、
 1°(2%)あればそれほど問題無いと思います。
 その根拠は、道路中央と端には勾配が付けられ蒲鉾型になっています。この勾配は1.5〜2%程度ですが、道路面にはそれほど目立った汚れは無いからです。

久しぶりエコニュース(実発電量)

 久しぶりのエコニュースです。

 実発電量・・・最近ソーラーフロンティアのTVコマーシャルに出てきますが、
太陽光発電で、仮に同じ4kwの設備をしたとき、実際の発電量がどれだけになるかというのが実発電量ということになります。メーカーの表示する4kwというのは、最も良い条件で瞬間発電量のMAXを表示していますから、四六時中4kw発電するわけではありませんし、4kw発電することはマレですし、立地条件によっては、一度も4kw発電しないこともあります。長時間発電したときどれだけ発電できるかが、実発電量になります。
 従って光の弱い雨天や朝夕でも発電できたり、影や温度などの影響の少ないモジュールほど実発電量が大きくなり、逆に最高条件の場合は発電量が大きくても、弱点のあるモジュールでは実発電量は小さくなります。当社では過去のお客様の月別発電量を記録、比較したり、発電設備に異常がないか点検しています。特に注視しているのは、kw当たりの月間発電量です。例えば4kwの設備で月間560kwh発電したとしますと、kw当たりでは、560/4=140kwh/kw月ということになります。

続きを読む "久しぶりエコニュース(実発電量)" »

ゼロエネルギーのスタートライン

 昨日、関東地方は竜巻に襲われた。
映像からは竜巻のすさまじさが伝わって、
来襲された周辺の方は、さぞかし恐怖を感じられたことと思います。

 ここ数年、たびたび大きな竜巻災害が発生していますが、
原因の一つは温暖化の進行と言われます。
おそらく猛暑や豪雨も然りでしょう。
今年は海水温も上がり台風や高潮も懸念されています。

 聞くところでは北極海に航路ができ、日本へも貨物がはこばれているとか。

 少しでも温暖化を食い止めようと、
目下、関連会社吉田組(西尾市吉良町)では断熱・省エネ改修中!
屋根には100mトラックもお目見えです。

住まいの先進3拍子♪

 住まいの先進3拍子♪を作曲しました
発表会は、7月13日、14日!安城市二本木公民館近くです。
先進の3拍子とは
  HEMSによるエネルギーの見える化
  ゼロ・エネルギー化(標準一次エネルギー削減率207%)
  地域型ブランド化(国土交通省採択)

そのほか、お得な全量買取太陽光(panasonic10.019kw)
無垢パインなどの自然素材、キッチンも無垢パインです。
みどころ満載

省エネの見える化!と
湿気の無い快適超気密性能!
体感するなら「今でしょ!」

続きを読む "住まいの先進3拍子♪" »

産業用太陽光

 蒲郡の株式会社大国屋様社屋に太陽光モジュールが設置されました。
全量売電27.36kw本日から売電します。

 遠くに見えるのは、渥美半島


 こちらは、西浦温泉と知多半島

産業用太陽光

 18日蒲郡市で太陽光モジュール設置工事が始まりました。
ソーラーフロンティアの化合物系モジュール160w、171枚、27.36kw
産業用の全量売電になります。

 1枚目のモジュールが慎重にセットされました。
架台は塩害地用に特注されたアルミ架台です。
蒲郡市は全国的に見ても日照条件に恵まれ、
ソーラーフロンティアは実発電量の実績あるメーカーということで、
希望的には、年間40,000kwhぐらい発電したいところです。


屋根から見ると、お隣の解体現場には、キリンやシマウマが見えます。(写真クリックで拡大します)

続きを読む "産業用太陽光" »

H25住宅のゼロ・エネルギー化推進事業

 平成25年度「住宅のゼロ・エネルギー化推進事業」説明会が名古屋で開催されました。概要は
公募期間 5月21日〜7月5日
採択決定 8月上旬
補助金交付申請 12月末まで
事業着手 26年3月まで
事業完了 27年1月まで
予算は昨年と同じ20億円、助成額は1事業Max165万円なので、
1200棟ぐらいの物件が受けられることとなります。

EV電源工事

 スマートな屋外電源です。

 K様邸でEV車用電源工事を行いました。
トヨタや三菱ではEV車用の電源工事に助成金が出ますので、自己負担は無しで取付できます。但し、EV車やPHV車を購入された方です。

 分電盤にも専用回路(200V)が設けられました。 

続きを読む "EV電源工事" »

東芝太陽光発電

 初めて東芝太陽光発電を使いました。

 パナソニックと並んで変換効率の高いメーカーです。
こちらは単結晶シリコン系210Wモジュール48枚10.08kw
日照条件は良好ですが、方位がやや東向きなので、
年間13,000kwhぐらいいけるといいなと予想しています。(希望的観測)

続きを読む "東芝太陽光発電" »

鼻毛地図

 「鼻毛地図」日経のネット記事に
聞き慣れない変わった名前の地図が紹介されてました。

 なんでも大気の汚れを鼻毛の長さで表現したとかで
赤が最も汚染され、続いてオレンジ、黄の順で
グリーンはきれいなほうだそうです。

続きを読む "鼻毛地図" »

てんてこまい

 本部スタッフブログは「てんてこまい」ですが
このところ刈谷店も国の政策の影響もあり、
いささか「てんてこまい」状態になっています。

 その1は、太陽光発電の買取価格
現在の1kw42円が25年3月まで(その後は未定)ということで、全量買取(10kw以上)の経済産業省認定と電力会社の事前協議の手続きを受ける案件が重なっています。いずれも10kw以上の大型物件で屋根も高く、調査も大変。こうした物件では屋根に空調機器や配管などが載っていたりで、図面だけ見て安易に判断できません。


 こちらは27kw


 こちらは34kw


 こちらは41kwの計画です。

 そのほか一般住宅でも10kw超の計画があり、ぎりぎりまで続きそうです。経済産業省も認定手続きを1月からインターネットでもスタート、少しは早くなりそうです!?

続きを読む "てんてこまい" »

現地調査・・・☀太陽光畑

 蒲郡市で太陽光畑の現地調査です。

 この畑には150wモジュール170枚を計画中で、年間35,700kwhぐらいの発電見込みです。170枚は当社でも初めて、壮観な景観が楽しみです。

 蒲郡市はみかんの産地、近くには塩津という地名もあり、日照条件は良好、当社お客様実績ではメーカーカタログの予想発電量より10%割増した発電量が見込めます。

 既築の建物では配線をどう通して、パワコンをどこに設置するかなど綿密な調査が必要となります。パワコンからは非常電源もとれ、こちらでは事務所パソコンの近くと冷蔵庫近くにコンセント設置します。

続きを読む "現地調査・・・☀太陽光畑" »

薄膜型 ソーラーフロンティア

 空が見えますか?
影にも強く、熱にも強い「薄膜型太陽光発電」

今回は150Wモジュール×56=8.4kw
なかなか壮観、かつスマートです。

 弱点は面積あたりの発電が低いことですが、長所はシリコン系に比べ悪い条件でも安定的な発電が期待できるので、年間を通しての実発電量は大きくなります。価格も比較的リーズナブルで、影の影響など条件の悪い場所や面積が確保できる場所ではお勧めといえます。

続きを読む "薄膜型 ソーラーフロンティア" »

猛暑

 8月16日名古屋、晴れ時々曇、最高気温34.5℃
娘の部活のお付き合いで、陸上競技場へ
猛暑の一歩手前でしたが、結構熱い!

 正午(12時)ごろグランド周辺のカラ―舗装は、51℃!
気温(約35℃)と地面(約50℃)の中間ぐらいが体感温度としますと、42.5℃にもなります。

 一方、近くの草の温度は、気温より低い31℃!
約30℃とすれば、同じく体感温度は、32.5℃で舗装の上と10℃も違いがあります。
草の上だったら、寝そべっても気持ち良さそうです。

続きを読む "猛暑" »

☀太陽光ニュース・・・朗報

 このところ1年点検、2年点検のお客様から
相次いで、太陽光発電の発電実績が届いています。

それによると
年間ベストは、西尾市吉良町のS様邸、次いで知多市のA様邸です。
S様邸(SANYO 4.3kw)では2011年4月〜2012年3月までの1年間で
発電量6,194kwh、メーカー表示モジュール1kw当たり
6,194/4.3=1,440kwhになります。

メーカーカタログ表示では、パナソニック(旧SANYO)HITの4.0kwで
名古屋の年間予想発電量は、4,930kwh
モジュール1kw当たりでは1,233kwh、東京では同1,125kwhなので

S様邸はメーカー予想の名古屋の17%増し、
東京の28%増しの発電をしています。

続きを読む "☀太陽光ニュース・・・朗報" »

詐欺師気分で推奨「全量買取」

 必ず儲かります!
 絶対!お得ですよ

 などど詐欺師まがいの営業で、良心の呵責が起きそうなこのごろです。
その理由は、7月から始まった「太陽光で発電した電力を全量買い取る制度」のせいです。

 10kw以上の設備では、電力を42円/kwhで電力会社が全量買取してくれます。しかも20年間

続きを読む "詐欺師気分で推奨「全量買取」" »

HEMS あれこれ

 昨日の最高気温(名古屋)は36.1℃!
東海地方はうだるような猛暑になっています。
人間の五感とは視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚で、暑さ寒さを感じるのはこのうちの触覚のなかの温覚に分類されるようです。猛暑日、日の当たる場所の空気の温度は、体温以上になっていて風に当たっても涼しいどころではありません。こんな環境では熱中症も当たり前、電力需要のピークがこの時間帯なのも当たり前です。

 こちらはHEMS対応の分電盤、回路ごとの電気使用状況がモニターやPCで分かるようになっています。今のところ見るだけですが、建物に人間と同じような五感が備われば、住まいも革命的に変わります。

おそるべし!HEMS

 先日の見学会では予想に違わず「HEMS」に話題が集まりました。

 HEMSの第一歩は、「エネルギーの見える化」
いつ、どこで、どれだけエネルギーを使っているか一目瞭然、そのデーターは10年間蓄積されますので、パソコンに接続すれば、いつでも見ることができます。

 例えば、エアコン、この建物には、2階リビングに5.6kwのインバーターエアコンが1台設置してありますが、最高気温30.5℃のこの日ある時刻、このエアコンの運転状況は消費電力わずか119wで動いていました。何と省エネ!

続きを読む "おそるべし!HEMS" »

オームの法則

 フジサンロクニオームナク
・・・というのはオームの法則ではなく、√5のことですが、

 物理ででてくるのが、オームの法則 
     V=I×R です。
学校をでてからこんな法則とは無縁でしたが、先日あるお客様のお宅でオームの法則が登場することになりました。

 K様邸6ヵ月点検のこと、太陽光の売電で電圧抑制が判明しました。
電力抑制とは
水が高いほうから低い方へ流れるのと一緒で、
電流も電圧(電位)の高いほうから低い方に流れます。

電気を買う場合は、電力会社(電柱)側よりも家庭側が低くなり電柱から家庭に電気が供給されますが、売る時には家庭側が高く電柱側が低い状態でないと電流は流れません。この流れない状態が電圧抑制というわけですが、原因(対策)は大きく2つあります。

一つは、家庭側の設定電圧
これが適正に家庭側電圧 > 電柱側電圧 となっていれば問題ありません。
でもこの電柱側電圧は変動するんだそうです。電力会社の最低限の供給電圧を確保するために一定の範囲で供給電圧が変動しているというわけです。目には見えませんが、電気にも上流、下流があり、95〜105Vの範囲で変動しますから、時には電圧が逆転、電圧抑制が起きるというわけです。

今回のケースでは、パワコンの設定電圧は、108V!電柱側MAX105を上回っていますので問題はないはずなのに・・・?

続きを読む "オームの法則" »

誕生!ゼロエネルギー住宅

 26(土)・27(日)は完成見学会(安城市緑町)

このお宅をモデルに今年度スタートの国土交通省「住宅のゼロエネルギー化推進事業」のエネルギー削減率を算出してみました。それによると
  標準エネルギー消費量48.15GJ
    に対して
  この家のエネルギー消費量は35.87GJ
  省エネによる削減量は12.28GJ
  太陽光発電(4.14kw)による削減量は40.16GJなので
  合計削減量は52.44GJ、エネルギー消費量は−4.29GJ
ゼロエネルギー住宅達成です!!
エネルギー削減率は、108.91%
≧100%

続きを読む "誕生!ゼロエネルギー住宅" »

太陽光と深夜蓄熱


 これ何のグラフか分かりますか?ヒント:先日お引渡のO様邸太陽光モニターに表示されています。

 実はお引渡前の2月27日の発電量(赤)と消費電力量(青)を表したものです。
消費は午前1時〜6時の6時間、勿論割安な深夜電力の時間帯です。
発電は当然日中になりますが、季節的にまだ十分ではありませんが、順調に発電してくれています。そして日中の消費電力はほとんどありませんから、ほぼ全て売電されています。

続きを読む "太陽光と深夜蓄熱" »

☀驚くなかれ

 2/18・19は、太陽畑での見学会でした。

 屋根の太陽光発電は、SANYO HIT 230W×40枚、合計9.2kwの大容量、そして注目の発電量は?!!

 驚くことなかれ!なななんと!2月というのに18日のお昼過ぎ8.7kwを記録しました。恐るべしSANYO HIT!
 更にこの日、名古屋の最低気温−1.3℃、翌朝−3.6℃と大変寒い中、快適な室内では、深夜電力による蓄熱暖房のため消費電力もわずか、発電した電気はほとんど売電できています。

続きを読む "☀驚くなかれ" »

自然エネルギー時代の到来

 東京電力が電気料金の大幅値上げを発表しました。

 日本の電気料金は以前からも高いといわれ、円高の最近はライバル韓国やアメリカの2倍以上にもなっています。ここからの大幅値上げは、産業界におおきなダメ―ジとなり、企業の海外移転が進みそうです。 

 1990年代まで、日本の電気料金は、断然世界一だったようですが、最近では、韓国やアメリカ、フランスなどは依然、日本よりかなり安いようですが、ドイツ、イタリアは、日本以上に高いようです。高い国に共通しているのは、脱原発宣言の国ということのようです。

続きを読む "自然エネルギー時代の到来" »

エコニュース

 岐阜県関市で一昨年9月完成のY様邸からエコニュースが届きました。
 太陽光設備SHARP4.32kwです。
 2009年10月〜2010年9月 トータル発電量5,380kwh
 2010年10月〜2011年9月 トータル発電量5,538kwh
 2年目のほうが3%ほど多く発電しています。

続きを読む "エコニュース" »

エコニュース・・・エネルギー自給中

 A様邸から最新のエコニュースです。

 どうです!発電量522→532→524
      消費量323→380→352

続きを読む "エコニュース・・・エネルギー自給中" »

太陽光の舞台裏 その2

 太陽光の舞台(モジュール)裏つづきです。
画像クリックで拡大できます。

 写真左:モジュール(パネル)取付用フレームと配線です。今回は6回路になります。
 写真右:金具とフレーム、フレームとモジュールの取付部分です。


 SANYOはモジュールと屋根面の空間を広く取っていて、見た目は今一つですが、発電効率と夏の遮熱効果には良いとおもいます。右は近所に公園があるので防鳥ネットです。

続きを読む "太陽光の舞台裏 その2" »

筆柿の里でエネルギー自給の家の始まりです

 10月1日、天高く馬肥ゆる秋!
筆柿の里、幸田町で地鎮祭です。

 幸田町は、日本一の筆柿産地! 果樹の産地=太陽光の産地ともいえます
尚、筆柿の別名は、珍宝柿だそうです?

続きを読む "筆柿の里でエネルギー自給の家の始まりです" »

太陽光の舞台裏

 25日は5年前完成のT様邸で太陽光発電設備設置工事を施工☀
後では見られない屋根パネル(モジュール)設置工事の前半を実況します。前半の金具取付は、雨漏りと直結するだけに目立たないけれど重要ポイントです。

 当社では安全のために足場を設置しています。そのおかげで高所恐怖症の私でも施工状況を間近に実況できるというわけです。

続きを読む "太陽光の舞台裏" »

エコニュース

 3回目の8月を迎えられたA様邸エコニュースです。

 太陽光発電モニター画面より(SANYO HIT 4.2kw)
左2011年8月、中2010年8月、右2009年8月

続きを読む "エコニュース" »

スマートハウス

 スマートフォンは大流行ですが、住宅でも最近よく言われる「スマートハウス」とは、家庭内エネルギーを最適化した家ということでしょうか。略してSHだそうです。その他にもいろいろな新しい用語が次々生まれてきます。

 HEMS、EDMS、E2H、EV、PHEVなどは、豊田市の「『家庭・コミュニティ型』低炭素都市構築実証プロジェクト」の中で使われている用語です。
 HEMSは、Home Energy Management System
 EDMSは、Energy Data Management System
 E2Hは、EV to Home
 EVは、電気自動車
 PHEVは、プラグインハイブリッド車

 パナソニックのHEMSは、SEG(Smart Energy Gateway)だそうです。

続きを読む "スマートハウス" »

家庭の洪水対策

 最近ゲリラ豪雨が各地で怒っています!
温暖化で雨雲が発達しやすい気候になったことが原因ですが、
もう一つの原因は、都市化で降った雨水が土壌に浸透することなく、河川へ流れ出るためです。一般家庭でも、屋根や庭に降った雨をできるだけ土壌に浸透させたり、側溝に流れ出る時間を遅らせることで洪水対策に効果がでます。刈谷店(株式会社アイディール)のHPでは新たな洪水対策をご提案しています。

 また家庭用雨水タンクなどには、助成金制度を設ける市町村も多く、洪水被害にあった自治体や洪水の心配のある自治体ほど助成も手厚い傾向があります。
 愛知県の助成金一覧はこちらです。

続きを読む "家庭の洪水対策" »

エネルギー自給の家

 3月下旬完成のK様邸から太陽光モニターをいただきました。
SHARP太陽光7.9kw設置の「エネルギー自給の家」です。

 全ての月で自給率100%達成です。
4月にご注目下さい。自給率は実に211%

続きを読む "エネルギー自給の家" »

節電

 「この夏を乗り切れば、脱原発も見えてくる!」
大阪橋下知事の分かりやすいメッセージです。


 当社でもいろいろと節電対策に取り組んでいます。
夜間、モデルハウスライトアップと看板灯の時間短縮、エアコンの室温設定を2℃UP、不要な照明を消し、PCの付けっぱなし厳禁などです。そして究極は、外断熱・高気密の省エネモデルハウスへの事務所移転(期日未定)。これで事務所の冷暖房エネルギーは、大幅に節電できそうです。新しいショップにはLED照明も付ける予定です。

続きを読む "節電" »

太陽光発電


 昨年あたりから当社の新築住宅では、半数以上のお宅で太陽光発電を設置していますが、最近以前建てられたお客様からも設置やお問い合わせが相次いで、太陽光発電への関心は一段と高まっています。太陽光の設置価格も以前に比べ、各メーカー若干ではありますが、お求め安くなっています。逆に国や市町村の助成金は、渋く広くなっている傾向でしょうか。渋くというのは、kw当たりの助成額が下がったり、上限が下がったりですが、広くというのは、1軒あたりの助成額が下がった分受けられる軒数は増え、受けやすくなっています。以前ですと受付け開始の初日に枠がなくなったり、応募多数で抽選になったりでしたが、今年はそこまでの話はないようです。でも予算枠がありますので、計画中の方はお早目に!

 

続きを読む "太陽光発電" »

エコニュース

 A様5月のエコニュースです。

 左がこの5月、右は昨年5月です。
梅雨入りが早かったせいか、発電量は今年に入って初めて昨年同月を下回りました。
でも消費量に注目!
昨年とほぼ同じ!しかも若干下回っています。
エコな暮らしぶりは昨年と変わらず。

続きを読む "エコニュース" »

エコニュース

 エネルギー自給率116%のA様から4月の太陽光データーをいただきました。左がこの4月、右は昨年4月です。

 発電量は、先月に引き続き前年を上廻りました。消費量は減少していますので、売電は大幅UPになりました。暮らしの進化もうかがわれます。省エネエコのお手本のような暮らしです。

続きを読む "エコニュース" »

STOP the 原子力! for the Future(子供たちのために)

 5/8(日)、9(月)公開気密測定と構造見学会の予定です。
テーマ:「STOP the 原子力! for the Future(子供たちのために)」
場所:当店近く刈谷市高須町


 現在、日本の電力供給の30%が原子力、電力消費の30%が家庭用といわれ、計算上では、家庭用電力が自給できれば、原子力発電分を無くすことも可能です。そして意義深いことは、家庭用分については、私たちがその気になれば、私たちの手でできるということです。 

 そしてイザットハウスで建てれば、エネルギー自給も可能です。今度の見学会の建物は、床面積35.3坪、6kwの太陽光発電の予定で、暮し方次第で、エネルギー自給は十分可能です。

1F ビルトインガレージ、2FLDKの開放的な間取りです。・・・ガレージの気密処理が難しそう!

続きを読む "STOP the 原子力! for the Future(子供たちのために)" »

エコニュース・・・理想の住まい

 すごいデーターが届きました。 

 観測史上最高の発電量631kwh、売電も過去最高498kwhです。
晴天続きと冬型気圧配置で、温度が低かったことも発電向きだったようです。3月の日差しも意外と強いのかもしれません。昨年比較でもすごい数字が読み取れます。

 また今年に入って、昨年比全て上回っています。モジュールの汚れなどの影響も無いようです。
 

続きを読む "エコニュース・・・理想の住まい" »

エコニュース

 A様邸から2月のエコニュースです。サンヨー4.2kw

 先月に続き昨年を大幅に超える476kwh。
30日に換算しますと、510kwh、2月で500を超えました。スゴイ!
もしかすると太陽光発電は、温度の低さが、
想像以上に有利に作用しているのかもしれないですね。


 もうひとつ特筆すべきは、この季節で自給率92%はもっとスゴイ!
改めましてA様御一家に敬服です。

蓄熱から蓄電へ

 イザット本部三觜さんから号外
「平成22年度補正予算分の太陽光発電助成金枠が残り少なく、締め切り日(3/31)前に打ち切られる可能性がありそうです。」
http://www.j-pec.or.jp/information/h22_count_down.html


続きを読む "蓄熱から蓄電へ" »

エコニュース

 A様邸寒かった1月のエコニュースをお届けします。

 左が今年、右は昨年です。

続きを読む "エコニュース" »

住まいの「エコ○マル」

 環境(エコ)重視の刈谷店では、昨年までの「エコひいき」につづき、今年も新たな「エコサービス」を実施します。メインテーマは「住まいのエコマニュアル」略して「エコ○マル」です。詳細はただいま作成中で、もうしばらくお待ちください。

 

続きを読む "住まいの「エコ○マル」" »

新年エコニュース

 今年最初のエコニュースがA様から届きました☀
 (2009年5月から太陽光発電開始/サンヨー4.2kw)
昨年1年間の太陽光精算書も届いていますので、併せてご報告します。

 さすがに1年で最も日の短い12月は、昨年に続き自給率100%を切っていますが、料金的には買電¥8,148。売電¥17,136。差し引きプラス¥8,988円でプラスをキープされています。

 

続きを読む "新年エコニュース" »

ラニーニャ現象

 今年は、ラニーニャ現象が活発で、寒い冬になるという予報があります。
ラニーニャとは南米ペルー沖赤道付近の海水温度が低い現象のことで、貿易風とも関係が深いのだそうです。平面的には赤道付近の東から西に吹く東風ということですが、上下方向には赤道付近で暖められた空気が上に上がることになり、少し緯度の高い亜熱帯地方で下降して、高圧状態になるようです。違うかもしれませんが、ハワイ、バリ、プーケットなどリゾート地が赤道直下より離れているのも気圧の状態が赤道付近より安定しているからかもしれません。

 一方、日本付近は偏西風で赤道付近とは逆の風が吹いているわけで、太平洋の東端ペルー沖の気候が太平洋全体の風の原点と考えますと、ラニーニャの場合、東太平洋の貿易風が強まるということなので、この風のリターンが偏西風と考えれば、偏西風の流れが変わったり、場合によっては強まったりして日本付近で高緯度からの寒い空気が流れ込みやすいと考えましたがいかがでしょうか。

続きを読む "ラニーニャ現象" »

理想形建物

 ちょっと角度を変えて上棟中継です。

 ヒバの土台にヒノキの柱が建ちます。

続きを読む "理想形建物" »

暮しの進化・・・エコニュース

 11月A様からHOTなエコニュースが届きました。

 写真は、今年11月(左)と昨年11月(右)
昨年に比べ発電量が増え、消費量が減っています。当然売電量も増えています。この季節日射が多いと発電が増え、暖かな気候ということでしょうか。電化製品の進歩や省エネに暮すコツなども貢献しているのかも知れません。

続きを読む "暮しの進化・・・エコニュース" »

エコとパト

 ドライブ中、パトロールのパトカーの後ろになるようなこと、誰しもあると思いますが、急ぎのときなどはちょっと「イライラ」することもありますよね!

 ところでこのパトカーどのくらいのスピードで走っているか?経験した方はお分かりでしょうが、だいたい制限速度の少し越したぐらい、制限速度40km/hのところなら、40〜50km/hぐらいがよくあるところでしょうか。そして、これぐらいですとたいてい後続に車列ができています。
 わたしもこんな時はイライラしたもんですが、このところチョット変わりました。

続きを読む "エコとパト" »

エコキャップ

 地元の吉田小学校では、今年児童の提案で始まったエコキャップ集めが行われている。うちの子供もその担当委員とかで、いろんな活動をしているようだ。最初のうちは、下級生に啓蒙活動したり、集める入れ物を用意したり、集めたキャップの掃除や集計と大変だったようだが、集め始め数字が出てくるとだんだん面白くなってきたようだ。もっと増やすにはどうしたらいいかアイデアも考えるようになる。

 クラスごとに数字を上げたり、スーパーやコンビニに頼んで、置き場を設けたり、自分の廻りの人たちの協力もだんだんと広がる。パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃん、おじちゃん、おばちゃん・・・・・etc
 エコキャップは、ポリオワクチンに代えられ、途上国に援助されるのだそうです。キャップそのものはリサイクルされ生活用品等様々に利用され、エコに貢献します。

続きを読む "エコキャップ" »

エコニュース

 A様邸9月のエコニュース(左が今年、右は昨年)です。

 9月も引き続き発電量で昨年を上回っています。

続きを読む "エコニュース" »

1008エコニュース

 8月のA様邸エコニュースです。
(左が今年、右が昨年)

 発電量からも猛暑がうかがわれます。猛暑というより日照りでしょうか。昔なら大干ばつで各地で一揆が起きそうな天気です。A様邸でもさすがに昨年より使用量がふえていますが、数字はわずかです。売電も増えています。

続きを読む "1008エコニュース" »

木のいえ整備促進事業その2

 豊田市で「木のいえ整備促進事業(長期優良住宅)」認定のいえが上棟しました。

 木造3階建、木のボリューム感もすごい!!

 柱は、東濃桧、梁や桁は紀州杉を使っています。


 この窓にはステンドグラスが入る予定です。

続きを読む "木のいえ整備促進事業その2" »

7.824kw、5.96kw、5.6kw・・・

 7.824kw、5.96kw、5.6kw・・・
このところ太陽光発電設備ご検討のお客様の設置容量です。
1年ほど前は、4.0kwぐらいの方がほとんどでしたが、このところ設置可能な最大容量で検討される方が増えています。

 その理由は、昨年11月から余剰電力を2倍の料金で電力会社に売電できるからです。要するに余分に発電すればするほどお得というわけです。エコニュースでお馴染みのA様邸では、4.2kwの設備で自給できていますから、仮に7.0kw設置すれば、消費電力の少ない日中は、増やした3.8kw分は全て2倍の料金で売電できることになるわけです。

続きを読む "7.824kw、5.96kw、5.6kw・・・" »

涼報・・・イザットを超えるイザット

 25日、猛暑の中、1年前完成のお客様宅を訪問しました。
52坪のお宅のエアコンは、2階ホールの1台(4kw14畳用)のみでお過ごしとのこと!

 先日伺った40坪のお宅でも、2階ホールのエアコン1台で全室快適!

続きを読む "涼報・・・イザットを超えるイザット" »

天然の日射対策

 このところ東海地方では連日猛暑日が続いています。
そんな中、Y様邸ではエアコン1台で、家中快適にお過ごしとのお便りが入りました。
約40坪のお宅は、方形に近い総二階建てで、エネルギー的には最も熱損失の小さい理想的な形状とそれに加え、西側公園の雑木林の遮熱効果が大きいのではないかと考えられます。
 昔から日本の建物は、西面窓を減らし、西側に雑木林を作ったりして日射対策していました。夏の西日は強烈!特に南北に長い建物で、西日を受けるような形状の建物では日射対策が欠かせません。

 温暖化時代のスタンダードの紹介でした。

続きを読む "天然の日射対策" »

エコニュース

 おなじみA様から6月分のエコニュースをいただきました。
 SANYO/4.2kw
 本格的な梅雨ですが、519kwh発電しています。
太陽が出なくても結構発電してるようですが、
太陽光お使いの方は、比較されていかがでしょうか?

続きを読む "エコニュース" »

☀祝

 昨年5月の太陽光発電可動以来、ずっとデーターを送り続けていただいているA様邸の年間集計をしてみました。

 

続きを読む "☀祝" »

月間新記録

 ☀月間新記録達成!
いつもエコニュースをご提供いただくA様から、
5月の太陽光発電データーが届きました。
その結果は、昨年8月584kwhの月間記録を上回る
620kwhの新記録を達成しました。・・・祝

自給率は勿論100%!
年間自給率も100%確定です。

続きを読む "月間新記録" »

見学会御礼・・・話題満載 

 15・16日、抜けるような青空の下、見学会が開催されました。

 太陽光発電(シャープ5.157kw)も順調、この日、最高は4.31kw(12:55)を記録しました。この屋根の方向は南西にかなり振っているせいか、発電ピークは午後1時前後になるようです。
最新モニターではいろいろなデーターをみることができます。


続きを読む "見学会御礼・・・話題満載 " »

準備完了

 15(土)・16(日)は完成見学会
現場では、太陽光モニターが動き始めました。

画面は今朝10時ごろのものです。発電量3.35kw、売電量3.04kw極めて順調です。この売電は料金にしますと、3.04×¥48=¥145.92円/時間、仮に8時間ですと¥1,167円、1日に1,000円以上も売電できることになります。

続きを読む "準備完了" »

祝☼太陽光発電記録更新

 A様からのエコニュースです。

 祝☀4月は自給率100%復活です!発電量も507kwhと大台を超えました(左写真)。電気料金は差し引き+16,000円だそうです。太陽光は財テクの時代でしょうか!!

続きを読む "祝☼太陽光発電記録更新" »

エコ(環境)ニュース

 4/12☂太陽光発電にはあいにくのお天気ですが、
このところの黄砂などパネルの汚れを洗い流すには恵みの雨かも


 3月A様邸エコニュースが届きました。
今月自給率こそ96%ですが、売電料金は¥20,000円、買電¥7,500円
差し引き¥12,500円ということです。

続きを読む "エコ(環境)ニュース" »

Q値の誤差

 最近、建物のQ値(床面積当たり熱損失係数)やC値(床面積当たり相当隙間面積)を謳うハウスメーカーも目立ちます。下は、先日の見学会で当社がつかったチラシ♪もQ値、C値を強調しています。

 ところでこのQ値計算ですが、JIS規格のようなキッチリ決まった定義は無いようです。当社の設計が長期優良住宅に使うものと、イザット本部の出している計算ソフトでは結構違った値になります。うちの先生によると、長期優良など公的認定に使う数値は、認定された最低限保証できる数値でこれ以下はないという厳しい値なのだそうです。例えばガラスでいえば、複層、LowーE、アルゴン入りで認定された数値はK値(U値)=2.33W/?K(H-5等級)ですが、サッシメーカーのカタログでも1.5〜1.55W/?Kといった値がでていたりします。これはウソ!というわけではなく、実験値ということのようです。保証値を使うか、実験値を使うか、今のところ使う側の勝手のようで、多くのメーカーはより有利な実験値を採用しているようです。これはガラスの例ですが、壁や屋根の断熱欠損の考慮など推して知るべし!?・・・欠損誤差の無いのは、いうまでもなく「外断熱」ですね!!

続きを読む "Q値の誤差" »

エコニュース・・・10年で元がとれる?

 月初め、お馴染みA様からのエコニュースです。

 2月は日数が少ないこともあって発電量は少なめです。自給率は79%ですが、電気料金としては+8,000円とのことで、この調子ならA様邸ではもしかすると10年以内に太陽光設備費用の元がとれることも可能かも知れません?

秘密兵器

 3/6は吉良町、3/7は刈谷市東境で公開気密測定と構造見学会を開催します。本日その秘密兵器が届きました。送り主は、岐阜県中津川市の恵北プレカット協同組合さん
http://www.gifu-mokuzai.jp/precut/keihokupure/index.html

 東濃桧の輪切り材です。これ一本で当社ショップ内は、ヒノキの芳香に包まれています。当社スタッフが年輪を数えたところ樹齢約60年!私より古い!  

京セラ:HEYBAN

 吉良町の現場に太陽光パネルが設置されました。
太陽光電池しのものが瓦になった京セラのHEYBAN(ヘイバーン)です。

 意匠性もいいですね!
遠くから見ても普通の瓦屋根に見えます。

こちらでは3/6(土)構造見学会&公開気密測定の予定です。
長期優良住宅の構造や給排水配管もご覧いただけます。

木の香

 上棟から2週間のKY様邸では、内部の羽柄材の取りつけがほぼ終了しました。
羽柄材とは、柱、土台、梁、桁などの構造材以外の製材品をいう。間柱、野地板、破風板、天井下地材なども羽柄材になります。

 室内は、ふんだんに使われたヒノキ材から芳香が漂います。
刈谷店の特徴は断熱材の端部には、全て柱と同じ3寸5分角の材料を使います。従って窓周りも、4周全て柱と同じサイズのヒノキ材が使われます。こうして壁剛性を高めることで、建物全体の強度はもちろん、気密性能も高くなります。

続きを読む "木の香" »

エコニュース

 月が変わると、いつも刈谷店スタッフが心待ちしているA様からのエコニュースが本日届きました。

1月はさすがに自給率75%ですが、売電と買電の差額はプラス+¥6,500円とのことでした。発電量どん底のこの季節でもプラスとは驚きです。

続きを読む "エコニュース" »

地産地消

 本日は雲一つない快晴の下で上棟でした。

 淡いピンクの柱がお分かりでしょうか!
東濃産ヒノキです。この地方では木曽川上流で育つ上質のヒノキ材が建物の柱によく使われます。安藤棟梁に言わせると「これ以上なく大人しい材木」だそうです。
家を造る大工にとって「大人しい材料」=「最良の材料」といえます。職人の手で地元産の良材を使った地産地消の住まいづくりが始まりました。

大寒なのに

 昨日は、暦の「大寒」
一年で最も寒い日というわけですが、新聞によると
全国31か所で1月としては観測史上最高気温を記録したそうです。

 このところ地球温暖化のせいか、夏も冬も観測史上最高とか50年ぶり、30年ぶりといった記事をよく目にします。そしてそのほとんどが、気温と降水量に関するものです。

 何かで聞いたことがありますが、平均気温が1℃上昇すると、空気中の水蒸気量が7%増加するそうです。人間の肌でいえば乾燥肌になって、荒れやすいということでしょうか!地球のお肌の曲がり角なのかも知れません。具体的な現象としては、洪水増加や砂漠化、そして荒っぽい気象変動でしょうか。熱容量の大きな水は、正に生物を保護する地球の保湿剤といえます。「寒波と大寒の最高気温」これも荒っぽい気候の表れでしょうか。

 今朝も冷え込みはないようです。今年は、お正月から寒い日が続いたので、余計に暖かく感じるのかも知れません。今晩からは、また西高東低の冬型に逆戻りのようです。体調にはくれぐれもお気をつけください。

 

続きを読む "大寒なのに" »

エコ(環境)ニュース

 A様邸から12月のエコニュースが届きました。

 昨年5月太陽光設置以来、6か月半続いた自給率100%が
12月ついに93%!ですが

 電気料金は、売電¥19,000円、買電¥8,000円で
驚くなかれ!何と+¥11,000円過去最大の黒字だそうです。
数字を見ますとA様の節電意識の高さと、
愛知県地方の日照条件の良さが窺われます。
また、売電を多くする秘訣は、日中の電気使用を控えることです。

続きを読む "エコ(環境)ニュース" »

プリウスのような家

 トヨタのハイブリッドカー「プリウス」が前年比3倍近い伸びで、昨年度自動車販売台数No.1だそうです。

 プリウスの売れ行きに火が付いた理由は、1に省エネ!2にエコカー減税!でしょうか。プリウスの外観も、燃費を最優先させたものだそうですね。

 
 ところで、住宅でプリウスに相当するものといえば、言わずと知れた「イザットハウス」ということでしょうか!ベーシックな性能にこだわる部分も似ています。発売から12年で火が付いたプリウス、15年前モデルハウス1号を建てたイザットハウスにも、そろそろ火が付く頃ではないでしょうか!「住宅エコポイント」、「長期優良住宅」、「贈与税非課税枠拡充」、「フラット35金利値引き」など追い風もいっぱい。今年は忙しくなりそうです。

記録更新!大幅黒字!

5月中旬太陽光発電スタートのA様から11月のエコニュースが届きました。

 依然として5月設置以来の自給率100%をキープされています。・・・素晴らしい!
今月は、かなりきわどい達成ですが、外構工事で電気を使用していますので、その分は差し引いて考えたほうが正確です。

続きを読む "記録更新!大幅黒字!" »

エコ記録更新中

 A様邸からエコ記録更新中のお便りです。
太陽光発電(SANYO4.2kw)設置の5月中旬から9月まで4ヶ月半、
自給率100%の記録更新中です。

 この調子ですと年間自給率100%も夢ではありません。
A様のお話では、夏の間もエアコンの使用を極力控え、温室効果ガスの削減に貢献されたようです。当社でも最少限のエネルギーで快適に暮らせる住まいづくりに腕を磨き、少しでも地球環境に貢献できればと考えています。

床下除湿

 家中で一番湿度が高い(=一番温度が低い)といわれる床下
イザットの標準仕様には、その床下に除湿器を設置していて、センサーで湿度70%を超すと除湿器が作動するようになっています。
刈谷店では昨年10月〜今年9月にかけて約1年間、その効果のほどを某様邸で、得意の「おんどとり」を使って観測させていただきました。
下の写真は、最も湿度の高い 6/12〜8/27のものです。
(クリックで拡大します。)

一番上が湿度75%のラインを示していて、湿度はMAX74%にとどまっていることが読み取れます。
下は、更に最も湿度の高かった7/20〜7/31の期間を拡大したものです。


続きを読む "床下除湿" »

錦の御旗・・・CO2 25%削減

 今年3棟目の太陽光発電の家が完成しました。

 こちらは、以前このブログで電柱の日影を検討したお宅で、シャープ4.32kwです。

 

続きを読む "錦の御旗・・・CO2 25%削減" »

エコニュース・・・光熱費ゼロの住まい

A様から今月もエコニュースが届きました。

写真が少し小さいでしょうか?クリックでもう少し大きくなります。

続きを読む "エコニュース・・・光熱費ゼロの住まい" »

エコニュース・・・太陽光シャープ

 F様邸からのエコニュースをお伝えします。
こちらはシャープの太陽光発電設備4.284kwです。

  見えにくい方は、写真をクリックしていただくと拡大します。

 6月の売電力315kwh、買電力414kwh

続きを読む "エコニュース・・・太陽光シャープ" »

エコニュース・・・自給率100%

 緊急情報!です。

A様邸6月の太陽光月間発電データーが届きました。
設置機種 サンヨー:4.2kw
なんと発電量540kwh!!
月間自給率100%でした。拍手

豊田市のS様からも5月自給率100%のお便りがありました。

環境に貢献できるって気持ちいいですね!

エコ号外!・・・さすが世界一の発電効率

☀この5月太陽光発電(4.2kw/h)をスタートされたA様邸から
驚きの最新データーが届きました!
約2週間の発電量241kwh消費電力143kwh
驚くなかれ!なんと、
電気代(オール電化なので=光熱費)がプラスになっています。

 さすが世界一の発電効率サンヨーの太陽光パネルです。
この5月は1年で最も日射量が多く、地域的にも愛知県濃尾平野の東側でベストポジションと言えます。


 もう一件、エコニュースは昨年12月入居
オール電化のM様邸(Q値1.58W/khm2)から
直近の電気料金(=光熱費)10,000円/月で済んだとのこと!
仮に太陽光4kw/hぐらいで10,000円/月の発電ができれば、光熱費ゼロも夢ではありません。

続きを読む "エコ号外!・・・さすが世界一の発電効率" »

果樹栽培と太陽光発電

 以前、季節的には1年のうち5月が、最も日射量の多い月(名古屋)であると書きましたが、地域的にはどうかと考えてみました。

 娘(小5)の教科書をのぞいてみると、こんなことが書かれていました。
「果樹栽培は、雨の少ない瀬戸内式気候や長野など内陸性気候で盛んである。」と
確かに、愛媛(みかん)、岡山(もも、ぶどう)、長野(りんご)、山梨(ぶどう、もも)・・・
そのほか果樹の盛んな地域といえば、和歌山(みかん、うめ)、静岡(みかん)など太平洋側でも西側が海に面した地域が目立ちます。例えば同じ紀伊半島でも東側尾鷲付近は日本一雨量の多い地域☂
西側白浜や有田方面は、日射が多く果樹栽培が盛ん☀

愛知県地方でも西部の尾張地方よりも、西側に山のある三河地方で果樹栽培が盛んです。

雨量が少ない=日射量が多い=東側山地(太平洋側)=太陽光発電適地

続きを読む "果樹栽培と太陽光発電" »

気持ちいい!!・・・ エコに貢献

この一週間で太陽光工事を2軒施工しました☀

こちらは世界No.1の発電効率を誇るサンヨーの4.2kw/h


続きを読む "気持ちいい!!・・・ エコに貢献" »

太陽がくれた季節♪

 気象台のデーターでは、過去10年における月別日射量は5月が最大になっています。(名古屋)2番目は8月で、以下4月、7月、6月の順で、5月の日射量は、11〜1月の約2倍にもなります。日射量の多さは自然界の花も証明してくれています。
 ミササガパークでも例年より遅れぎみですが、バラが見ごろです。



 そのほか5月は一年で最も花のきれいな季節といえます。

 日射量の多さは、太陽光発電の季節でもあります。屋根の傾斜角は30度前後が理想といわれますが、5月の南中時太陽高度は75度前後にもなるわけで、その地方の緯度や季節別日射量を考慮して傾斜角を検討する必要があるかもしれません。今月は太陽光工事を2軒で施工予定です。

 


太陽光検討中+太陽光に朗報

イザット本部高橋さんから
Y様邸太陽光発電の電柱および電線の影の検討結果が
メールで届きました。


さすが本部!!
動画です。

動くところをお見せしたいのですが、私の技術ではこんなところです。
以下高橋さんの受け売り
太陽光発電のパネルは、電流でいうと直列のようなつなぎ方だそうで、
途中に影が落ちると大きく影響をうけることになりますが、回路が数回路に
分かれていて、全面に影響するわけではないそうです。
また、電線や枯葉などの小さな影では、バイパス機能が働き影響は軽微とのこと、
電柱や樹木、隣地建物の影が問題だそうです。
今回の場合では、冬至の午後14〜16時で電柱の影が屋根の端部にかかる程度
なのでそれほど問題なしとのことです。

これは以前私が検討したもの

続きを読む "太陽光検討中+太陽光に朗報" »

太陽光発電と電柱・電線

(*^_^*)今年から太陽光発電に対する国の助成金が復活し、
太陽光をご検討されるお客様が目立ってきました。

こんなとき、一番気になるのは、周辺の構造物などによる影の影響です。
下の写真は、何だかわかりますか?

西側道路に建つ電柱の日影図です。
写真は、冬至の日地面から6.3mの高さの面に落ちる影を
AM8時〜PM4時まで1時間ごとに図示したものです。
電柱の高さは、11.5m、
6.3mは、地盤から建物の軒までの高さになります。


これから分かることは、電柱の影そのものの影響は、
午後2時過ぎから3時頃までの限られた時間になりますが、
電線は、午後1時〜午後のほとんどかかりそうです。
影の影響については、
現在本部高橋さんとメーカーに検討していただいています。

続きを読む "太陽光発電と電柱・電線" »

エコ競争

 お正月の新聞広告
自動車の広告もたくさん入っていました。
そんな各メーカー広告の中ででこれまでになく目立ったのは、
価格や排気量、馬力などの数字ではなく、
燃費の数字が一番大きく掲載されていました。


そして自動車業界では、この春、燃費の優れた新型車が続々登場するようです。
ホンダは新しいハイブリッド車を、
トヨタの新型プリウスはなんと40km/Lの燃費だそうである。
三菱も軽の電気自動車、GMも・・・・?


ガソリンスタンドはどうなるのでしょうか?
とにかく車メーカーは、競ってエコ競争に突入した感があります。

続きを読む "エコ競争" »

省エネでエコに暮らそう!

1/24(土)・25(日)完成見学会のテーマは、
省エネでエコに暮らそう! 
少しだけ会場案内させていただきます。

内外装とも明るい家になりました。
オール電化
断熱は屋根60mmネオマフォーム
壁40mmネオマフォーム

当社ではお馴染みコンクリート蓄熱暖房で
室内は、日中暖房いらずをご体感いただけます。
更に、1F 床は全面タイル貼り、


タイルと木温かいのはどっち?
あなたの常識が変わるかな?
正解は、見学会でご体感いただけます。

今年はエコひいきさせていただきます

エコといえば、エコロジー(環境)のことですが、
当社今年のテーマは、「環境との共生」というわけで、
この1月より、思い切り「エコひいき」させていただきます。
太陽光発電や断熱をグレードアップさせて省エネ・快適なお住まいをご検討の方には耳寄りな情報をご提案しています。
詳しくは「エコひいき」をクリックしてみてください。

「エコひいき」は年4回程度更新予定です。
お楽しみに!!

世界一の太陽光発電

11/30地鎮祭が執り行われました。

 お施主様ご一家も一緒に準備です。
四方に立てた竹にしめ縄を張り、縄に御幣を付けます。
この縄の中が神事を行う清浄な場所になります。
思いのこめられた場所で、思い入れの大きな住まいの普請が始まります。

この建物には、面積あたり世界一の発電量を誇る
サンヨーの太陽光発電システムを設置することになっています。
今回使用するモジュールは210Wのもので、枚数20枚、
合計4.2kwのシステムになります。
メーカーカタログによると
年間予測発電量4.909kwh
電気料金にして、従量電灯契約で11.9万円/年
時間帯別電灯契約の場合、13.4万円/年
だそうです。

続きを読む "世界一の太陽光発電" »

エコハウス誕生・・・太陽光発電稼動

豊田市で完成間近のS様邸では

先週、太陽光発電が稼動し始めました。

現在の発電量や、地球環境にどれだけ貢献できているのか、モニターがリアルタイムに教えてくれます。


続きを読む "エコハウス誕生・・・太陽光発電稼動" »

Q値で地球の窮地を救おう

10/25(土)・26(日)刈谷市野田町の完成見学会は、
見出しのような壮大なテーマで開催します。
ワット驚く、Q値は1.58W/?Kと寒冷地(北海道など)の次世代省エネ基準も超えてしまいました。


屋根と外壁は、軽量なガルバニウム鋼板、
断熱材はネオマフォーム
屋根厚80mm(イザット標準40mm)
壁厚60mm ( 〃 35mm)

樹脂サッシはエクセルウィンドウで
厚い断熱材に対応しています。

ガラスにはいろいろなものが使われています。
左の写真は、お分かりにくいかも知れませんが、
ガス入り表示です。(写真をクリックすると拡大します。
よく見ると黒字でガス入りと表示されています。)
下は遮熱ガラス(Low−Eガラス)表示、
右は防犯ガラスです。
この建物のガラスは、全てアルゴンガス入り遮熱ガラスが使われています。
アルゴンは空気より重く、温度差があっても対流のおきにくい性質で、断熱性に優れています。

続きを読む "Q値で地球の窮地を救おう " »

ブログ投稿者
代表:水鳥正志
1956年1月7日生まれ
趣味:読書(主に歴史小説)繰り返される歴史の中から現代や未来に思いを巡らせる事。
出身地:愛知県幡豆郡吉良町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ