« 収納 | メイン | 断熱材 »

心肺蘇生法を学ぶ

専務の小林です。

これから寒くなると、温度差の著しいお風呂場やトイレでの

心臓発作による事故が多くなります。

このような、心臓発作による突然死は1年で5万人から7万人

これは交通事故や自殺で亡くなる人より多い数です。

救急車が到着するまで、平均約6分。

心室細動(心臓がけいれんし、脳や体に血液を送り出すことが

できなくなる不整脈の状態)になったら

6分後の電気ショック(AED等)の成功率は40%にまで

落ちてしまいます。

救急隊員が駆けつける前に、近くにいる人が一秒でも早く

心肺蘇生法ができたら・・・

いざというときに、少しでも自分にできることがあれば・・・

ということで、11月8日(土)に消防署の方に来ていただき

心肺蘇生法の講習会を開催しました。

17名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。



でもその前に、心臓発作の事故を防ぐためには

温度差のない、ストレスの少ない家をどうぞ・・・(´∀`)ノ


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/5697

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブログ投稿者
専務取締役:小林貴美子
1949年生まれ
趣味:収穫のある家庭菜園、読書
出身地:栃木県足利市
ブログ投稿者
設計部:小林己子
1977年生まれ
趣味:釣り、フットサル、ゴルフ、スノーボード、ドライブ
出身地:栃木県足利市

花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ