« きれいな空気への投資 | メイン | 美味しい♪美味しい♪ »

境界(所有権界)と筆界とは?

みなさん、こんにちは♪

忙しい師走に乗じて、またブログアップをサボっていました。ごめんなさい。

先日、建築用地の調査に関して、お客様との会話で思い出したことを・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず用語説明を・・・、

境界とは?----------------

隣どうしの土地を持つ、AさんBさんが、それぞれ、
自分の所有権が及ぶ範囲を示す土地の境(所有権界)のことを、
一般的に言います。


筆界とは?----------------

明治時代、公権によって作成された土地の境のことで、登記によって、
範囲を区画されたものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

言葉遊びをしているわけではありません。

境界(所有権界)と筆界は、地方によっては、結構相違するのです。

すると、先祖代々の石垣が、お隣さんの土地(筆)の中にあったり、
お隣さんの立派な立木が、自分の土地(筆)の中にあったりして・・・。


ですから、昔からあった塀や側溝は、
あくまで、境界筆界確定の1つの資料にしかならず、それを過信して、
家を建てると、後で、家の真ん中に筆界が・・・(怖!)なんてことも・・・。

家を建てる前には、必ず(んっ・・できれば)、登記測量専門家による
土地の測量を入れましょう。
また、測量をしたら、きちんと隣地所有者の立会確認を得て、
確定測量図を作成しておきましょう。

これで、境界と筆界の一致が図られます♪

詳しい事は、‘土地家屋調査士 澤田事務所’までご相談下さい。

イザットハウス知多店内にあるのでした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/905

この記事に投稿する

ブログ投稿者
代表:竹内伸夫
・一級建築士
・木造住宅耐震診断員
・職業指導員
・宅地建物取引主任者
『弱点の少ない住宅』を造りあげることを念頭に、柔軟な対応を心がけております。
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ