« New Year's resolution /元旦の計 | メイン | びびる?構造見学会 »

さわだのぎもん−畳編

ヒノキチップを圧縮して、心材に用いた畳が注目を集めていますね。

森林浴効果、防虫作用、調湿効果、自然素材、エコ・・・。

スタイロ畳の4〜5倍のコストですが、検討をしてみたい材料です。

さて、その費用対効果は?

私の手元にある検証データでは、ダニに対する強い行動抑制作用や、
人の血圧降下(リラックス効果)が観測されています。

さっそく、サンプルを取り寄せてみました。

ヒノキの香りは・・・しない(あれ?)


<気になる点>

ダニの行動抑制作用は、
畳の一般的な交換時期まで、同一数値で持続するのか?

ヒノキやヒバに含まれる香りや油の効果は、
樹の太さや部位または産地によって、まちまちと聞くが、、
ヒノキチップは間伐材リサイクルだったような・・・。


一方で、畳床がダニ等の住処になりえないと謳う商品もあります。

プラパール畳やダイケン畳が有名ですが、
プラスチックやインシュレーションボードを心材に使っています。

調湿性では、い草やヒノキチップに到底及ばないと思いますが、
そもそも、畳床で調湿することは良い事なのでしょうか?
ダニ等の発生リスクの低い場所で調湿した方が・・・?

不肖澤田!畳について解らないことばかりです。

全国の畳屋さん!
畳のことなら任せとけという工務店さん!
使用経験のある一般の方!
岡田さん!

どうかこの澤田に教えてやってください。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/993

コメント

澤田さんご指名ありがとうございます。

残念ながら私の知識も少し足りないようです。

覚えがあるのは、炭化コルクを挟んだ畳は

よさそうな感じがしました(高価でしたが)

ヒノキチオール無くなった物に白蟻が寄らないか?

ヒノキの臭いの無い物に癒しの効果は無いような?

また、分かった事が出たら投稿します。。。

                 では・・・

さっそくコメントを頂きありがとうございます。

炭化コルクですね。。

コルクの持つ‘弾力性’に加え、

カビや雑菌にも強そうですね。

ワイン栓に使われるくらいですし。

また、炭化により‘吸湿性’や‘防虫作用’も

増しそうですね。

よく調べてみようと思います。

ありがとうございました。

この記事に投稿する

ブログ投稿者
代表:竹内伸夫
・一級建築士
・木造住宅耐震診断員
・職業指導員
・宅地建物取引主任者
『弱点の少ない住宅』を造りあげることを念頭に、柔軟な対応を心がけております。
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ