« さわだのぎもん−照明器具編 | メイン | 動的貫入試験後の土地取引 »

障子が外れなくなった?!

お客様からの電話 「障子が外れなくなった?!」

このフレーズ・・・建築の仕事を始めた当初、とってもビックリさせられた。
が、今では、聞き飽きた・・・(失礼)。

それどころか点検時に、障子の開け閉めの頻度や、張替え度合をチラ見して、
予想するようになってしまった(笑)。

そんなことはないだろう〜?と言いつつも、心の何処かで家が傾いていないか?
なんて、思っちゃったりしません?

これを言われると、我々はちょっとショック!

なぜなら、障子(造作建具全般)は、精度を高めて作れば作るほど、
木材の膨張収縮・構造組みの落ち着き等の影響を受けやすく、
動きにくくなったり、外れなくなったりします。

これを回避するために、建具を緩くして納める方法もありますが、
建具のバタつきが生じて、とってもみっともない・・・・。
やっぱり障子は‘シュー・・・・・パン!’と開け閉めしたい。


だから、障子が外れなくなっても、そんなに慌てるべからず。

それは家の躯体等が、土地の気候等に、馴染んでゆこうとする動きのひとつ。
5〜10年で落ち着くはず。

そもそも、障子をはじめ造作建具類は、その動きを想定して作られていて、
ちょっと手を入れるだけで調整できる。

この辺りが、日本建築のすばらしいところ。

そして、‘くるい’が生じた時には、声をかければ大工・職人が「よおっ!」て、
やってきて、手を入れてくれる。
「ついでにちょっと見ていくよ!」なんて家の調子を見て問題を未然に防ぐ・・・。

こんな伝統を、いつまでも守ってゆきたい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/1997

この記事に投稿する

ブログ投稿者
代表:竹内伸夫
・一級建築士
・木造住宅耐震診断員
・職業指導員
・宅地建物取引主任者
『弱点の少ない住宅』を造りあげることを念頭に、柔軟な対応を心がけております。
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ