« 炎天下の気密測定 | メイン | ブロック・クロック »

景気後退局面 なぜローン金利が上がるのか?

※立派なタイトルですが、それほど有益な話はしません。(あしからず)


その昔、「日銀の役割」みたいな授業で、こんなサイクルを学んだ。

景気後退→利下げ→マネーフロー増加→景気上昇→利上げ→景気調整 ...
 ・・・・・よくできてるな〜って感心したものだ。

最近の紙面を見ると「景気調整・後退」の文字。
銀行の折込チラシに目をやれば、また住宅ローン金利が上がってる!
  ・・・・・習ったことをちがう。。。

・・・・・。

ここにも、原油価格上昇が!?風が吹けば桶屋が!?

ご存知の通り、原油・穀物等には、世界の投機マネーが流入している。
原油・穀物相場に、大量の投機マネーが流れ込む弊害は、
基軸通貨の値下がり、ハイパーインフレ、カップラーメンの値上げ(笑)。

「カップラーメンの値上げは、見逃せない」 ということで、
利上げで原油・穀物相場の安定を、図らざるを得なくなる。

だから、皆さんの住宅ローン金利が上昇するんですよ。たぶん...。

経済政策って怖いですね。経済のグローバル化も、怖い怖い。

カップラーメンの値下げは、いつになるか分からない。
ならば、建てられるうちに、家を建てておきましょう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/4882

この記事に投稿する

ブログ投稿者
代表:竹内伸夫
・一級建築士
・木造住宅耐震診断員
・職業指導員
・宅地建物取引主任者
『弱点の少ない住宅』を造りあげることを念頭に、柔軟な対応を心がけております。
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ