« さわだ家臭? | メイン | ぬれ縁で... »

不動産登記のおさらい

某TZ様邸は、お引き渡しを控えて、登記の申請準備に追われている。
そう...。入居前には不動産登記が待っている。

ここで、皆さんに入居前に必要な不動産登記のおさらいです。


 1.建物表題登記 ※必須

  建物等を建築した場合に、法で強制されている登記です。
  これによって、新たな不動産(この場合家屋)が設けられることになります。

  (参考) 通常の規模で8万〜12万かな?


 2.建物保存登記 ※ローン利用で必須

  表題登記後に行う登記申請で、対抗要件を備えるために行います。
  世間の皆さんに、これは私の所有物だと宣言する訳です。

  (参考) 2万〜5万かな? ※軽減措置適用


 3.地目変更登記 ※ローン利用でほぼ必須

  新築した建物の敷地の地目が、「宅地以外(例)田、畑、雑種地等」の場合、
  銀行等から要求される登記です。

  (参考) 2万〜5万かな?


 4.住所変更登記 ※土地取得もローンの場合

  土地取得に銀行ローンを使った場合、旧住所での登記(移転登記等)を
  しているのが普通です。それをすべて新住所地に変更する登記です。

  (参考) 1万〜2万かな?


 5.抵当権設定登記 ※ローン利用で必須

  一部の住宅ローンを除いて、ほとんどで要求される登記ですね。
  「抵当に入る」ってやつです。

  (参考) 6万〜10万かな? ※3000万借入、軽減措置適用


あと、建て替え等の場合には、建物滅失登記なんかも要しますね。
いろいろ想定すれば、もっともっと出てきます。・・・・・じつに多い。

簡略化できないかとも思いつつ、明治時代の制度を綿々と引き継いでいる。
おかげで、澤田事務所も成り立っている。

某TZ様、登記申請のご用命、ありがとうございました(笑)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/5473

この記事に投稿する

ブログ投稿者
代表:竹内伸夫
・一級建築士
・木造住宅耐震診断員
・職業指導員
・宅地建物取引主任者
『弱点の少ない住宅』を造りあげることを念頭に、柔軟な対応を心がけております。
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ