« 某YDさま邸 ラフ図 | メイン | 「某KM様邸(改)」 »

名古屋市科学館のこと

名古屋市科学館が、新館開設準備のため、しばらく閉館する。

開館当初から現役のアナログ機と、軽快な話術の学芸員らで、
日本一とも言われるプラネタリウム。
あと2日しか見られないそうで、あわてて行ってきた。

同科学館は、1962年建設で古くはあるが、素晴らしい施設である。
無論、さわだも幾度足を運んだか数え切れない。

この実験コーナーに、どれだけの子どもらが、胸を膨らませたことか。。。

  

亜熱帯地域の白蟻の巣に関するパネルで、気になる展示を発見した。

白蟻の巣には、通気層があって、巣の上部から暖まった空気が抜けることを、
表現したいようだが、なにも某社のパッシブ・システムに絡めなくても(笑)。

通気の効果、循環の問題など、色々と誤解をしてしまう。(わたしだけ...)

ともかく。名残り惜しさを感じつつ、来年のリニューアルが楽しみである。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/7355

この記事に投稿する

ブログ投稿者
代表:竹内伸夫
・一級建築士
・木造住宅耐震診断員
・職業指導員
・宅地建物取引主任者
『弱点の少ない住宅』を造りあげることを念頭に、柔軟な対応を心がけております。
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ