« 職業調査だとか | メイン | ひしのだい »

月面着陸

某YM様邸 湿式柱状改良工事を終えた。

なんとも月面着陸な気分である。



当地区知多地方は、海に囲まれており、丘陵からの河川による扇状地が多い。
なので、高率で地盤改良や杭等の工事を要する。

さて、ウン十年後、立替えの時、柱状塊や鋼管杭は、どうなるのって思いません?

現状では、そのままってことが多いみたい。
鋼管杭は撤去できないことはないが、地盤へのダメージがひどい。

自己所有地なら、余計に補強されてるって思えるかもしれないけど(笑)、
定期借地などだったら、・・・・・。

悩ましい。 けど、しゃあない。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/7677

この記事に投稿する

ブログ投稿者
代表:竹内伸夫
・一級建築士
・木造住宅耐震診断員
・職業指導員
・宅地建物取引主任者
『弱点の少ない住宅』を造りあげることを念頭に、柔軟な対応を心がけております。
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ