チャンカレ食べた

はじめて 金沢カレー「チャンカレ」を食べた。

 

東海地方にはたくさん出店してるので、とても気になっていた。
ご当地のCOCO壱番のカレーとは、まったく別方向物なんですね...。

やさしい懐かしい味がした。それでいて満腹感がすごい。

くせになりそうなり。

ビワの木と馬

UPがなが〜く空きました。すみません。

仕事に、プライベートに色々続きで ...。
しかし、そんな日常から脱する業務もある。
 
  

今、訳あって、ビワの苗を育ててる。
乗馬クラブ・クリスさんの敷地一角に、さわだファーム?がある。

水やりに行くと、紅葉が映え、馬にふれあえる。

  

こころ安らぐひと時である。

愛情表現

KMさま邸は、明日午後、お引渡しを迎える。とてもさみしい...。

        

今日は一日かけて、点検やら掃除をした。

 

いつもの通り、雑巾がけをしていると、より使いやすくするアイデアが浮かぶ。
お引渡し前日にして、色々やりたくなる。家への愛情だなってしみじみ。
KMさま。お引渡し後も、もう少し触らせてもらうなり。

さて、毎度お馴染のさわだの秘密アイテムであるが、
今回は、わざわざ、坪庭とお風呂のスイッチをいっしょの場所に。
坪庭の灯りを点すには不便な場所だ。

        

理由は、お風呂に坪庭の灯りだけで入って欲しいから。
UBの照明なんかホントは要らない。

        

すると、イロハモミジがとっても綺麗である。ふふふ・・・。

作業を終えたら、すっかり日は落ちてた。今日はいい仕事をした。

          

週末の予定は?

今週末は、KM様邸の完成お披露目イベントである。

  

濃色の粋な外観はまちがいなくイケてて、
和風、ちょっと田舎風?な内部は、とっても居心地がいいと思う。

また、この地区で最もHOTな飛香台ということもあり、
急遽、住宅用地の土地情報も展示することにした。

来るべし。

夜の撮影

某KMさま邸完成を間近にして、外観の夜景撮影をしてきた。
プロカメラマンの持ち物に興味深々の私。技術も盗みたい www。



公約どおり、飛香台で一番イケてて、高性能な家が建ちました。

そういえば、10月は...。

今月、愛知県では調整区域の開発規制緩和に関する条例は施行されるはず。

内容は、農家の次男等特別な要件でなければ、家が持てなかった調整区域に、
所謂ふつーの人も建築ができるというもの。

但し、50戸連たんや、一定規模の道路、下水道等の地域要件があるそうだ。
今まで公共下水の普及を政策的に放置してきた地域で下水道の要件?

該当地指定は各市町村に委譲するそうで、制定から4箇月でこの作業を課す?

大村知事の規制緩和公約の1つだけに、やらなきゃならぬが実はないって感じ。

知事は、選挙の時、景気浮揚効果を大きく語っていた。
さわだは、建築・不動産・登記の仕事をしているので、ありがたやって思ったが、

それより、実家の隣の田んぼを埋めて、長く住める家を建てたい。
でも建てられない。
しょうがなく、市街化区域に土地から買うので、借入が膨らみ、安普請で我慢。
隣の田んぼは荒れ放題。

知多半島南部地域では、こんな例が頻繁しているのだ。
おかげで、昔ながらの田園集落は、高齢者ばかりになり小学校は閉鎖される。
廃集落?!田畑は耕作放棄地だらけ。

県としては、要件を緩和するつもりは無いそうだが、現状で良いわけない。

課税問題や銀行の融資姿勢、担保評価等の問題はあると考えるが、
私たちの一票が、「適用要件」で骨抜きにされるのは、何とも悔しい。

たまには、まじめなブログを書いてみた。

さわだの週末

先週末は、所用を帯び、東京におりました。

夜は、元関係者OKさんと、行き付けで歓談 ♪
相変わらずのご活躍のようで、私も頑張らなければと ...。

翌日は、やや二日酔いながらも、やっぱり行っちゃいました 。。。



招待席 ... 行っちゃいました。

知多娘。

YAHOO!の上位検索キーワードに「知多娘。」が...。

市役所とかで時々ポスターを見かけてた。
愛知県の観光PRキャラとのこと。「萌え」らしい...。


  
  

デートde知多あるき」(笑)

さわだ的には、ちっとも萌えない。
どっちかって言うと、

カーブしたホームに入線してくるパノラマSUPARとか...、
都心の路地に忽然と現れる祠(ほこら)とか...、
高台から眺める古戦場。

そんなものに萌える団塊ジュニアである。

家と空

残暑厳しい日となりました。

空がきれいだったので、某MRさま邸のバックに設定しました。


  


いつもながら、とても丁寧な施工に感心でした。

某MRさま邸上棟と釘袋

本日、某MRさま邸の上棟日である。

暇なさわだは釘袋(※)の観察なり。

※釘袋?−−−−→ 大工が腰に下げてる道具入。

  

ヘアサロンの美容師さんアイテムとして、おしゃれアイテムになったが、
当時もさわだは、釘袋と呼んでいた。

形状や素材はまちまちで、なめし革や帆布の大型タイプに、牛革のBOX型、
デニム地のものもある。

さわだ的には、○○金物店なんて入っている片尻覆うくらいなのが好きかな。

... と、どうでもよいブログをするほど、現場は順調である。


   

ブログ投稿者
代表:竹内伸夫
・一級建築士
・木造住宅耐震診断員
・職業指導員
・宅地建物取引主任者
『弱点の少ない住宅』を造りあげることを念頭に、柔軟な対応を心がけております。
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ