300円の挑戦!

   ≪アルデ付属吸気口内部≫

↑ こ れ に .....

   ≪水槽用ろ過フィルター≫

↑ こ れ を .....

   ≪ギュウギュウ詰め≫

↑ こ う で あ る。


「吸気口から 雨水が ...」 との連絡を受け、さわだマンが参上した。

完全な原因究明に至っていないが、カーポートや屋根庇類で跳ねた雨が、
超々々々々・・・・ こまかくなって吸気口に吸込まれるのか???
それが、防埃フィルターを湿らせるらしい 。。。  

えげつない気密性だ。(・・・と呑気にはしてられない。)

そこで、吸気口の外部品にも、フィルターをつけてみたのだ。
理論上は、雨の多くは此処に引っ掛かり、室内には入ってこない。(と思う。)

換気量に影響を及ぼすほどの抵抗も生じず、家中まとめて300円前後である。

結果検証は得られていないが、同様の現象があったら、ちょっとやってみて。
なるべく多くのサンプルが欲しい(笑)。

うまく行かなかったら、別に再挑戦するので、連絡くださ〜い。

板金屋の苦労

某TK様邸 足場がとれた。。。

狙い通りのとても個性的なフォルムである。
今回は、サッシ際や出隅の処理にも変化をつけた。

   

板金屋さんのご苦労、一度見てやってくださいな。

BETABETA

今年も やっぱり 梅雨がきましたネ 。。。
この時期の雨は、たいせつなものとわかっていても、湿気はきらいなり。
   
   

ベタベタするし、べたべたするし、BETABETAする。

      

この時期は、お家の変化にも、気をつけて上げて。
軒先の様子、クロスの黒ずみ、床下の臭い ・・・・・・・。

         

気になることがあったら、お気軽に ♪

さわだ家に集合 。。。

さわだ家で ・・・・・・・!

初代ファミコンソフトが楽しめるようになった!!!(喜)

とりあへず揃えたソフトが、ツインビー!マリオBR!ファミスタ!
ファミスタは、えがわ、レールウェイズ、ピピ、ピノのもの(笑)。


初代ファミコン世代の皆さん!さわだ家に集合 。。。

公開気密測定に珍客?

某TK様邸の公開気密測定やってました。

‘0.065c屐伸屐如[氷イ雰覯未任△襦

 

各補助金制度では、おいてけぼりをくらった気密性能。
さわだとしては、断熱性と双璧をなす根幹だと考えている。

ところで、本日の測定には、めずからしいお客様が来場された。
本部の皆さんも見ているので、今は詳しく言えない。
そのうちお話できるようになれば良いと思う。(なんのことだか...。)

さわだ勘違いで...。

LPガスを、ほとんど使ったことのない私...。

とんでもない勘違いをしていた。
LPガスの潜熱回収型給湯器も≪エコキュート≫って言うんですねぇ。
こんなことを知らなかったなんて、ホントにはずかしい(笑)。

  


何年ぶりかで、LPガスの家を建てさせてもらうことになり...、
事前に気がついてよかった(汗)。

さわだ勘違いで、こんな利点を逃すとところだった。→ エコハウスローン一例

ちなみに、導入補助金促進制度 もあります。(急いで!)
フラット35Sにも若干影響ありですね。

右脳偏重人さわだ、思わぬことを知りません。ご注意召され ・・・。

ジャイアンツ考

キムタクさん追悼試合、今年もジャイアンツは強いなぁと思ったのは、
わたしだけではあるまい。

戦力的にゴタゴタしてる感のある‘2010ジャイアンツ’であるが、
落としてはいけない試合を、確実に拾う強さを感じる。

若手の躍進が注目されるが、巨人愛30年のさわだ的には、
小笠原選手や谷選手、ラミちゃんといった非生抜き選手の活躍に注視する。

一昔前、いわゆる外様と言われた非生抜き選手たちは、
そのプレッシャー等で個人成績にこだわり、空回りする傾向を感じた。
非難するつもりはない。チームやファンが求めたからしょうがない・・・。

しかし、今の非生抜き選手らは、For The Team が徹底してる。

キムタクさん。 あなたのおかげだ。。。 

試合前Fバッティングで、彼方此方のポジションで守備につくあなた。
通を唸らすホームスライディング。キャッチャーマスクが似合うあなた。

さわだと同年齢で、突然逝ってしまったので、特別な気持ちになる。

追悼試合で、同年齢の谷選手が、試合を決めるHRを打った。
わたしも何かしなければ(笑)。

≪HAFELE≫

さわだの‘ドイツびいき’を知っている人も多かろう。

長く使うことを重視したモノ造りは、見習うことがいっぱいある。
渋いところで、ドイツの建築金物メーカーを紹介したい。

≪HAFELE社≫

 同社の家具取っ手の一例として ...。(ホントは丁番とかが有名)

     

天然皮革をつかうところなんか、いいなぁって思う www。  

窓台&まぐさ

今回のTK様邸の躯体で、ちょっと質問を受けたこと。

Q : 窓台やまぐさが、なんでこんなに太いの?

A : なんとなく、真壁構造用に考えてたことで、じつは深く考えてない。
  
 窓の入る壁は、当然に筋交いが入らない。筋交いをバランス良くバラして、
 剛性をとってゆくのだが、その有効壁同士を梁以外のものでもつないだら、
 柱と梁の接合部への負担が軽減される(はず)。
 そんな発想から、太い窓台とまぐさを、両引きボルトで締め上げてみた。

   

 これは、このまま内装仕上げとなるので、そんなにコストUPにはならない。
 上棟大工さんたちにも、好評であった。


 こんなことを、アレやコレやと考えるのが、さわだのライフワークである(笑)。
  

上棟の喜び

某TK様邸 この週末で上棟である。

総四寸無垢杉柱、それに、まぐさや窓台まで柱と同材だけに、
迫力ある躯体なり。

 

そして、上棟の喜び、目一杯の表現(笑)。

 

ブログ投稿者
代表:竹内伸夫
・一級建築士
・木造住宅耐震診断員
・職業指導員
・宅地建物取引主任者
『弱点の少ない住宅』を造りあげることを念頭に、柔軟な対応を心がけております。
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ