カレンダー

2010年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31





外断熱の注文住宅なら
イザットハウス

« 感謝御礼 | メイン | 中秋の名月 »

元祖 こ○ひ○り!

  5月の連休前に田植えをしましたが、早くも収穫の時期を迎えて、
 本年は台風の直撃も無く生育状況は非常に良く、豊作の兆しです。
  我が田圃は「ハナエチゼン」と言う名の早稲品種で、9月上旬に
 既に刈り入れは終わりましたが、現在‘なかて’と云われる「コシヒカリ」の
 刈り入れ真っ最中です。
  
  皆さん、ご存知ですか。 あの、その名も高い「コシヒカリ」が
 福井県産である事を。

  「コシヒカリ」は戦前の昭和19年 新潟県農業試験場で「農林1号」と
 「農林2号」が交配されて以来その歴史が始まったのです。

  上記の中より約20株の種子が福井県農業試験場に送られて、長年
 品種改良が繰り返され、背が高く倒れやすく病気にも弱いが味だけは良い
 品種が「越南17号」と名付けられて(品種登録)、
 その後昭和31年 福井県農業試験場で「農林100号」として誕生。
  その3年後に、この農林100号こそが「コシヒカリ」として登場しました。
                                   [福井農史 引用]
  この時代は質より量の時代であったため、倒伏やイモチ病の危険性が
 高かった「コシヒカリ」は生産者の農家には嫌われました。

  それが、台風の時でも他の品種は茎から折れたのに対し、「コシヒカリ」は
 曲がったままで出芽しにくいため生き残りました。
  
  そして昭和40年頃の高度経済成長と共に『おいしいお米』が求められ、
 次第に市場で人気を得てきました。
  「コシヒカリ」は沢山の品種と掛け合わされ、現在の「あきたこまち」
 「ひとめぼれ」「ひのひかり」等の人気米の誕生の因となったのです。

  福井県産の「コシヒカリ」、外断熱の「イザットハウス」
 共にその名を世の中にあまねく知らしめよう!!
                                    by daihyou 
  


  


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/2871

この記事に投稿する

ブログ投稿者
店長:竹内雅幸
1976年1月4日生まれ
趣味:ストレス解消のオートバイ・ライディングとゴルフで仲間との付き合い、あとは仕事の虫?
出身地:福井県坂井市坂井町
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ