« 2006年08月09日 | メイン | 2006年08月11日 »

2006年08月10日

イザットハウスが冷房費が安いわけ!

こんにちは、イザットハウス本部の岡田です。

イザットハウスに住んだ方の感想に冷房が良く効くといった

意見を多くもらいます。その理由を考えてみましょう。

断熱材が他の家よりも多く入っているから

イザットハウスは涼しいと考えるかも知れませんが

実は、冷房には気密“超気密”が重要になってくるのです。

その根拠は・・・・・

冷房は、日射+空気のエネルギー+熱貫入率(Q値)で決まります。

日射は庇や簾などで対応したとして、

仮定住宅
(イザットハウス)
面積150
気積300立米
Q値2Kcal/
C値0.3c/
(一般)
Q値3Kcal/
C値8c/

仮定環境
外気33℃ 湿度80%
室内27℃ 湿度55%

とすると
Q値での差は
1Kcal/屐滷隠毅悪(床面積)×6℃(温度差)=900Kcal

外気と室内の空気の持つエネルギー量の差は
約12Kcal/立米(空気線図より)
イザットハウスの換気量と一般住宅の換気量の差は
(温度差と外気の平均風速から)
360立米の差が出ます。これにエネルギー量を掛けると
12Kcal/立米×360立米=4320Kcalとなります。
(機械換気量は基準法の量とし差が無いものとする)

Q値に比べ換気のエネルギーの方が5倍近くも大きく
換気量(隙間)が大きな影響をおよぼす事がわかります。

だから、

イザットハウスはエアコンを切っても暑くならないが、

一般の家は、すぐに“むっ!”っと暑くなるのである。

断熱よりも隙間が重要なのです。

さかもと
【ウェブ担当・さかもと】
イザットハウス本部のウェブ担当として、ホームページの作成やシステム関係の仕事をしています。

ホームページやブログの質問・相談は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ登録

イザットスタイル

エネルギーダイエット住宅のススメ

花粉フィルター