« 2006年08月11日 | メイン | 2006年08月13日 »

2006年08月12日

すごい雷雨で雨漏り心配?

こんにちは、イザットハウス岡田です。

今日から盆休み!こどもと遊んでいたら昼から突然の雷雨


建築にたずさわっていると、どうも台風大雨の後は
雨漏りが心配になる。。。

10年前くらいに建売を行っていた頃の悩みの
ひとつであった。


しかし、イザットハウスの5mmの発散層を設けることで

100%雨漏りは無いので、その悩みも解消された。

なぜっ!

ここ何年か(結構長期間)プロバンス風の塗り壁が

結構多く建てられている。この下地は通気層などの

空間が無く、一度、雨水が浸入すると毛細管現象

で水をあらゆる方向に吸い上げていく事で、雨水が

室内に侵入する可能性が高くなる。

イザットハウスでこれを防いでくれるのが

5mm以上の隙間なのだ!発散層!

(仮に断熱材が濡れても乾かす為の層)

5mmあれば表面張力を断ち切り、仮に入ってしまった

雨水を下に流してくれるのだ。

 しかし、あまり広い空間は外断熱にとっては、

外壁材の支持力の問題で大変不利になる・・・・・

“だから5mm程度が最適なのだ!”

さかもと
【ウェブ担当・さかもと】
イザットハウス本部のウェブ担当として、ホームページの作成やシステム関係の仕事をしています。

ホームページやブログの質問・相談は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ登録

イザットスタイル

エネルギーダイエット住宅のススメ

花粉フィルター