« 2006年08月15日 | メイン | 2006年08月18日 »

2006年08月17日

扉についての考え方「事故発生?」

こんにちは、イザットハウス岡田です。

さて、お盆休みも終え今日から仕事スタート!

って言って昨日の話ですが・・・

娘を連れてサンリオピューロランドに行って来ました。

そこでの話ですが

アトラクションを終え、子供をトイレに連れて行ったのですが

前の子が勢いよくトイレのドアを開けた

「ドーーーーンッ」

内側にいた子供の頭に!!!

「ごめん、ごめん!」と親が ・・・トラブル発生・・・


こんな時、扉のあり方について考えさせられます。

この扉は、どうあったらこのようなことが無かったのか?

内開きでも外開き?大きさの問題?

半透明にすれば内部の人の雰囲気はわかった?

引き戸にすれば・・・扉が無かった方が・・・

このような施設では扉が無い方が良かったのと思う。


一般家庭ではどうなのであろうか?結果から言うと

“引き戸が良いのだ”

もちろんバリアフリーでも言われているように

体が不自由な時に使用しやすい。


さらにイザットハウスでは、室内の温度が一定のため

扉は開けておく場合が多い。

 開け放しておいても、邪魔にならない引き戸が良い!

さかもと
【ウェブ担当・さかもと】
イザットハウス本部のウェブ担当として、ホームページの作成やシステム関係の仕事をしています。

ホームページやブログの質問・相談は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ登録

イザットスタイル

エネルギーダイエット住宅のススメ

花粉フィルター