« 2006年08月27日 | メイン | 2006年08月30日 »

2006年08月29日

エアコンの選び方どうする?

こんにちは、イザットハウス岡田です。


この冬に撮った写真紹介

・・・自宅のサーモグラフィックで撮影・・・
(朝方4時:隣の家は熱が色々な場所から放出?)

(自宅のドアは電源を取るためにチョット開いてます
 輻射熱で私の家の壁も温度上昇
 おそらく私の家のほうが暖かいはずなのに・・・ )


さて、お客様からの質問が多いのが

「エアコンってイザットハウスならだったら

普通の家よりも(KWが)小さくていいんですよね!


 ・・・どのぐらい小さくして良いか?・・・

.
1番小さいものでOKです。って言いたいのですが

やめます。(寒がりや暑がりな人もいますので)


       ・・・・・考え方・・・・・


冷房で言えば

お客様がどのようにエアコンを運転されるか(連続・間欠)

によって大きく違います。

間欠にした場合、内断熱よりも熱容量の大きい外断熱住宅は

温度を下げるエネルギーが多くなります。

   (空気エネルギーは、前のブログ参照)

人が感じる温度は、 _硬戞↓⊆湘戞↓5の、ろ媼庸

その半分が輻射!

間欠にした場合、家の持つ温度が大きな影響を出すのです。


だから、間欠にするか連続にするかで機種の設定が大きく

違います。(大雑把に間欠運転はメーカーの薦めるKWでOK)

常時であれば、私の家が51坪で2.5KWほぼ1台!


常時運転の部屋であれば小さな機種で十分なのです。

※注意

扉を締め切った部屋は、その部屋ごとにエアコンが必要

大きな窓は日射の対策が無い場合、エアコン1台分の

受熱があるので注意が必要です。


もう一つ注意!

あたたかい熱は上に行くのは良くご存知だと思います。

その熱が小屋裏などに溜まると、夜、涼しくなっても

輻射熱で寝苦しくなります。出来るだけ溜めないように

勾配天井や小屋裏にエアコンを配置したり対策すると

      ・・・・・さらに快適です・・・・・


それに対して暖房は、

Q値でほぼ機種選定が出来てしまいます。

もちろん、冷房よりも暖房の方がエネルギー量が

多く必要になるので暖房をエアコンで行う場合

暖房に合わせて機種選びをしましょう。


エアコンのメーカーや機種選びの参考

省エネルギーのために効率(COP)の良いものを選びましょう。

さかもと
【ウェブ担当・さかもと】
イザットハウス本部のウェブ担当として、ホームページの作成やシステム関係の仕事をしています。

ホームページやブログの質問・相談は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ登録

イザットスタイル

エネルギーダイエット住宅のススメ

花粉フィルター