« 百花 | メイン | 煙突からの贈り物? »

「父親の存在」

こんいちは、イザットハウス岡田です。

会議終了後、家からの電話・・・・・

(家から電話があると何かあったのか?と思ってしまう)

 電話に出ると

「はやく・かえ・ってきて・・・」

と娘からでした。

3日間の出張で、会えていなかったので

早々に仕事を切り上げ会社をでました!

家に帰ってから、娘と遊び・・・

・・・・・・そして食事の時・・・・・・・

娘に   「お茶持ってきて!」

すると。。。奥から。。。。。

重い・重い一升瓶を抱えて

ニコニコしながら・・・・・「どうじょ。。。」

妻と同時に笑ってしまった。

そして、夫婦で自分の娘ながらに、かわいいと思った。


.

先日、読んだ本の一文を紹介します。

「心理学者や児童教育の専門家の話によると、父と子の対話が

子どもの成長にとって欠かせないという。母と子は日常的に密接な

関係にあり一体化しているが、父は子をわりあい客観的に見ており

お互いに社会的存在として話をする。」

自分の要求や状態を説明しなくてはならない父親の存在が重要で

親子の対話をよくしていた子ほど成績が良い。とりわけ父と子の

対話時間に差が出るらしい。。。

.

「頭のよい子が育つ家」の本にも同じような事が・・・

もっともっとコミュニケーションを取らなくちゃね!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/752

コメント

頭の良い子に育つには、間取りも重要だそうですよ!!

頭の良い子は集中力が高く、幼少の頃リビングで勉強

してた子が多いそうです!!

頭のいい子が育つ家、イザットハウスという打ち出し方
はいかがでしょう?

イジメや若者のニート等といった
社会問題の背景には、
多くが家庭での父性の欠落が起因して〜と
作家・某知事が主張されていますよね。

私は、リビングにミニライブラリーを設置して、
家族がどんな本・雑誌を読んでいるかが
わかる家(間取り)にあこがれますね〜。

ぐっさん、sawadさん コメントありがとうございます。
イザットハウスは、リビング階段や吹き抜けを行うことも可能です。。。
家全体がワンルーム感覚で使え何処に居ても家族の気配を感じる間取りを作ることが可能です。
 そういう意味で打ち出しが可能かもしれませんね!
 ミニライブラリーは良いですね!親とがどんな本を読んでいるか子どもが知り、子供たちがどんなことに興味があるかを知る。。。そして、リビングにみんなが集まる。。。。。師のブログも参考ください!http://ga.at.webry.info/200611/article_10.html

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

さかもと
【ウェブ担当・さかもと】
イザットハウス本部のウェブ担当として、ホームページの作成やシステム関係の仕事をしています。

ホームページやブログの質問・相談は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ登録

イザットスタイル

エネルギーダイエット住宅のススメ

花粉フィルター