« YouTube | メイン | 自然の力 »

空気線図!?

こんにちは、イザットハウス岡田です。

本日は、今週木曜日に設計士の先生たちを

目の前にして“外断熱について”話すので

その資料づくりを行っていました。。。


まずは基本の空気の性質!

・・・・・・・・・空気線図・・・・・・・・・・・


この左の青点が、ほぼ今日の気温と湿度?

気温11℃ 湿度60%  の空気を!

 私邸の室温(本日25℃近くあるが)22℃まで

温度を上げると30%の湿度になる。(右の青点)

 これが過乾燥を空気線図上で確認した図!


.
これを知らずに過乾燥について説明することは無理!!

基本中の基本ですので家を建てる方も工務店も

高気密・高断熱を建てるなら勉強しましょう。

.

 他にも、空気のエネルギー量(エンタルピー)などが

解り、このグラフで気密シートの重要性がわかる。。。

潜熱と顕熱のエネルギー量もわかる。まだまだあり

実は奥が深く楽しい、グラフなのだ。。。


.
もっと詳しく知りたい方は、ご連絡ください!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/801

コメント

岡田先生、よく分かりました!
ということは、室温22℃ 湿度30%の空気が露点温度3.6℃より下がると
結露が発生するのですね。

ところで、今年は風邪対策で加湿器を購入しようと思っているのですが、

温度11℃ 湿度60%の空気を
温度22℃ 湿度50%に保つためには

温度11℃ 湿度60%の水蒸気量は6.0g/m3
温度22℃ 湿度50%の水蒸気量は9.7g/m3
水蒸気量の差は3.7g/m3

アルデLoの場合108m3/h 換気されるので
3.7*108=399.6

計算上は1時間あたり約400gの水を加湿することができれば、
湿度50%程度を保つことができると考えて良いのでしょうか?

住み始める前には、「観葉植物が2,3本あれば十分」と工務店から
聞いていたのですが、どうも無理っぽい気が・・・。

エンタルピーとは??
また教えてください。続き楽しみにしています!

gonさんコメントありがとうございます。

すばらし!

生活から排出される水蒸気は12Lくらいあります

1時間あたり500gと言うことになりますので

LOWにすれば、さほどの加湿は必要ないでしょう。

生活している間の換気はアルデ以外にも、温度差や

玄関の出入り、キッチンの換気扇などがあるので

乾燥気味になるかもしれません。

そんな時には、洗濯物の部屋干しや浴室を利用

しましょう。

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

さかもと
【ウェブ担当・さかもと】
イザットハウス本部のウェブ担当として、ホームページの作成やシステム関係の仕事をしています。

ホームページやブログの質問・相談は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ登録

イザットスタイル

エネルギーダイエット住宅のススメ

花粉フィルター