« 生・KASHIWA(柏原) | メイン | SONY(柏原) »

劇的3時間SHOW(柏原)

こんにちはイザットハウス本部の柏原です。


昨日の日記で書いたのは、今年から始まった国際コンテンツフェスティバル
(通称コフェスタ)のオフィシャルイベント「劇的3時間SHOW」という
日替わりで10人のコンテンツプロフェッショナルが、文字通り3時間ブっ続けで
で講演をする、というものです。


その第一発目が、日本が世界に誇るアートディレクター【佐藤可士和さん】。


結論から言うと、ものすごく面白く、そして分かりやすい内容。



冒頭で話していた、仕事をする上で最も大事にしている2つのこと、


「問診」「整理」

クライアントの見えない問題点を質問や会話を重ねる事で視覚化し、(問診)

それに優先順位をつけたり、他の要素と絡めることで、(整理)

本質に近づいて問題の解決に至る。


言われてみると決して奇抜な事ではない当たり前の事ですが、

コレってデザイナーだけでなく色んな業種の人に当てはまる

大切な原理原則だなぁ、、、と感心せずにはいられませんでした。


僕みたいな凡人が同じ事言っても、なんら説得力ありませんが、

過去手掛けたプロジェクトを例にあげて、「問診」と「整理」の重要さを

一つ一つ丁寧に説明してもらえたので、それはそれは染み入るように耳の

中へと入っていったのです。



そんな氏のプロジェクトの中で、個人的にも関心が高かったのがやはり



「ふじようちえん」




「千里リハビリテーション病院」




どちらも今まで、デザインが入り込む必要性すら感じられなかった分野ですが、

佐藤氏が関わったことで、従来の幼稚園・病院のイメージを大きく覆すモノに

なっています。

前者は東京の立川市にあり、実家からも近いので今度一般公開される機会が

あれば必ず行ってみようと思います。

ちなみに講演は先日OPENした氏のポートフォリオサイトを中心に

進められていたのですが、途中からこのサイトを手掛けた、日本を代表する

ウェブデザイナー【中村勇吾さん】がゲスト参加し、会場を多いに沸かせて

くれました。


ただこのイベントにあえて苦言を呈するとすれば、先着申込をしたにも関わらず、

会場のキャパを大きくオーバーする参加者で溢れ返り、会場内は立ち見の

お客さんでビッシリ×××

仕事帰りのリーマンが、この状態で3時間はキツイ・・・・

内容が良かったからいいものの、そうでなければ暴動を起こしてましたよwwww





来週までこのイベントは続くので、ご興味ある方は是非足を運んで見てください。

今週土曜日はジブリの鈴木敏夫さんです。(昨日以上に込みそう・・・・・)


http://www.geki3.jp/


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/2924

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

さかもと
【ウェブ担当・さかもと】
イザットハウス本部のウェブ担当として、ホームページの作成やシステム関係の仕事をしています。

ホームページやブログの質問・相談は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ登録

イザットスタイル

エネルギーダイエット住宅のススメ

花粉フィルター