« うみ(野村) | メイン | 羽蟻(岡田) »

勉強会(岡田)

こんにちは、イザットハウス岡田です。

 本日、外断熱の勉強会へ

ドイツの外断熱や無断房住宅やら

ドイツの外断熱の断熱材の厚みは平均100mm

現在の政府の推奨は断熱性能70kw/崘以下の

2020年までに15kw/崘にするそうだ。。。

 環境問題やエネルギー問題に積極的に取り組んでいる


無暖房住宅の「桜ハウス玉川」長野県の茅野市にあるグループホーム

の内容を話された。

 なんと断熱材の厚みは壁300mm 屋根400mm

と熱交換換気+スペーシア入りのトリプルサッシ・・・・・

年間の光熱費が38万円らしい、一般的には360万円/年

差額が250万円/年(少なく見て)

  コストアップが1500万円/棟ですので回収するのに

6年でなおかつ10年すると冷暖房機が壊れ・・・メンテで+1000万円以上

中の温度状況も外気が−15℃でも中は21℃以上

                   ほとんど暖房はしていない

      今後は、こういった考え方が重要だと思う。

  本日も、原油価格が最高値をつけた。。。

今後は、暖房にエネルギーは使えなくなると思う(一部の富裕層以外)

だから、このような家が必要になると思う

   もっと勉強して、最高の住宅の普及に努めたい。。。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/4473

コメント

300mmとか400mmとか、すごいですね。
一般の光熱費360万円ですか。
寒冷地はやっぱり大変なんですね。
一般ユーザーも勉強しないといけない事がたくさんありますね。
あまり難しい事は解りませんが勉強させてください。

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

さかもと
【ウェブ担当・さかもと】
イザットハウス本部のウェブ担当として、ホームページの作成やシステム関係の仕事をしています。

ホームページやブログの質問・相談は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ登録

イザットスタイル

エネルギーダイエット住宅のススメ

花粉フィルター