« 選択ミス?(岡田) | メイン | 室内レンガ貼り(柏原) »

かもめ食堂(柏原)

こんにちは、イザットハウス本部の柏原です。


土曜日、妻と一緒にレンタルビデオ屋(厳密にはDVDですけど・・・)に
ぶらりと足を運び【かもめ食堂】をレンタル。




以下あらすじはWikipediaより抜粋


サチエ(小林聡美)はフィンランドの都市、ヘルシンキで「かもめ食堂」という名の日本食の小さな店を営んでいる。 ある日カフェにやってきた日本かぶれの青年に「ガッチャマンの歌の歌詞」を質問されるが、思い出せず悶々としていると、町の書店で背の高い日本人女性ミドリ(片桐はいり)を見かける。 もしや、と思い試しに「ガッチャマンの歌詞を教えて下さい!」と話しかけると、見事に全歌詞を書き上げるではないか。 旅をしようと世界地図の前で目をつぶり、指した所がフィンランドだった…というミドリに「何かを感じた」サチエは、彼女を家に招き入れ、やがて食堂で働いてもらう事に。

一方、マサコ(もたいまさこ)は両親の看護という人生の大役を務め終え、息抜きにフィンランドにたどり着いたものの、手違いで荷物が紛失してしまう。航空会社が荷物を探す間にかもめ食堂へとたどりつく。

生い立ちも性格も年齢も違う3人の女性が、奇妙な巡り合わせでかもめ食堂に集まった…。


これといった余計な説明はなく、ただただ食堂を中心にフィンランドでの
三人の様子を追ってるだけなのですが、これが何とも言えずイイんですよね♪



今の世の中、こんなおっとりした日本人ばっかりじゃないけど、
日本人も(日本食もwww)まだまだ捨てたもんじゃないね〜、と
思わせてくれる優しい映画です。


もう2年も前の映画ですが、一見に値するので未見の方は是非。

まあ多分僕がこの映画に引き込まれた一番の理由は、、、


・本屋の椅子が全部アリンコチェアだったり
・かもめ食堂の食器がittalaのOrigoだったり
・かもめ食堂のダイニングテーブルがアアルトだったり
・小林聡美の部屋にジャスパーモリソンのGLO-BALLが3つも置いてたり


してたからだと思います。



映画って事でインテリアも相当作りこんでるのを差し引いても、
大衆レベルであのセンスは日本になかなか根付かないもんですね。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/4560

コメント

先日、嫁が借りてきたので
見ました。

私としてはおいしいコーヒーとシナモンロールが木になりましたが・・・

さすが、お目が高い!!

僕も夕食時に見ていたので、出てくる料理は全部ヨダレものでしたよwww

氏家店長のオススメ映画も是非ブログで紹介してくださいね。

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

さかもと
【ウェブ担当・さかもと】
イザットハウス本部のウェブ担当として、ホームページの作成やシステム関係の仕事をしています。

ホームページやブログの質問・相談は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ登録

イザットスタイル

エネルギーダイエット住宅のススメ

花粉フィルター