« めがね | メイン | 岡山 コラボ 外構 »

C値基準の撤廃

こんにちは、イザットハウス岡田です。

もうご存知だとは思いますが一応のせます。。。

 イザットハウスとして特徴のあるC値!

この基準がなくなります(汗)

  基準が曖昧で、長期に対する保証も難しい

だからといって、この隙間からの熱が逃げる量が大きいのを

無視していいのか、それより換気や水蒸気(潜熱)は???????

特に、3地域以南は、断熱もある程度必要だが

     それよりも、気密が重要ではないのではのかと思う。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.izzat.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tbx02.cgi/5807

コメント

そうなんですか!
C値が基準から外れるのは納得がいかないです。
C値以外で住宅に関して実測できるデータはあるのでしょうか?

断熱材やサッシ、窓ガラスなどの個々のカタログ上の性能は知り得てもそれを完成させた家の実測値は必要不可欠だとおもいます。

ひょっとして大手が測定していない(いい数値がでない)から、、、なんていうことはないですよね、国土交通省の方。

食品だって産地偽装などがあるのだから、住宅の省エネ基準にC値がなくなるのは全く理解できません。

この記事に投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

さかもと
【ウェブ担当・さかもと】
イザットハウス本部のウェブ担当として、ホームページの作成やシステム関係の仕事をしています。

ホームページやブログの質問・相談は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ登録

イザットスタイル

エネルギーダイエット住宅のススメ

花粉フィルター