人、財産?

こんにちは、イザットハウス岡田です。

2年半前に忽然と消えた友人(材木屋の番頭)さんが

ひょこっと現れた。

・・・・・・・うれしーぃ!・・・・・・・・

ある日、突然と何の前触れもなく消えて会社の人に聞いても

判らなかった友人・・・・・


この友人は、

いつでも、どこでも仕事で困った時(悩んだ時)に

材木やプレカットや材木業界のことを聞けば

商売抜きに教えてくれる。。。

この人は、自分にとって財産である。


・・・・・・とある加盟店の社長が良く口にする言葉・・・・・

   会社は 人 ・ 物 ・ 金  の順番で大切なのだ!


                      ・・・・・確かに!・・・・・


加盟店の中にも、そう言った人は、いっぱい居る!

今日は木更津店に訪問した、相変わらず技術に関しては

すばらしく考えている。(営業はまったく考えていないが・・・)

 ぶっきら棒だが、良い社長だ!常に良い家を考えている。

「普遍的で、将来価値の上がる本物の家を目指す」
                          by yamaguchi

・・・・・・・・イザットの加盟店の社長!って感じ・・・・・・・

建築家との家造り

こんばんは、イザットハウスの岡田です。

「建築家とつくる家」というのはもう随分と前から

テレビや雑誌などを通じて、一般の方にも

身近な選択肢として広がったような気がします。

もちろん、私も空間デザインには昔から興味があり
(というより趣味が酒と建築ぐらいなもんで・・・・)

暇があれば色んな建築雑誌を読み漁っています。


さて、そんなメジャーな選択肢となった「建築家との家造り」ですが、

「建築家」と名がつく方でも、そのタイプ・志向は千差万別。

多くの方は、「建築家」と聞くとまずはじめに

【個性的な意匠】 【スタイリッシュな空間デザイン】を

頭に思い浮かべると思います。

建築家に頼む人の多くは、そのような唯一無二の

自分だけの(極めて個性的な)デザイン・間取りを希望し、

建築家側も自身の作品づくりとでも言わんばかりの、

ものすごいデザイン・間取りを提案されているような気がします。


ただ、私の想う(一緒にお仕事したい)建築家の方というのは

上記のような方とは、若干タイプが異なります。


やはり、有名な建築家であろうがなかろうが家を造る時に

もっとも重要なことは、

「箱=家そのものではなく、箱の中のおかず=暮らし方」

にどこまで深く考えを巡らせられるかなのです。

感動的なまでのデザイン・間取りは、家造りの根源ではありますが、

感動すればするほどその家には住み続ける事が難しくなると思います。


と、何だか偉そうに言っていますが、私が強くこう思えたのは

ある1人の建築家に出会えたから。

今、イザットハウスでもこの方とのコラボレーションを取り組んでおります。

外断熱の特性をよく理解されている数少ない建築家だと思います。


ご興味ある方は、イザットハウス・岡田または

下記のお問い合わせフォームまでどうぞ。

【問い合わせフォーム】

ディスポーザー

こんにちは、イザットハウス岡田です.

本日、知人のマンションのリフォームを相談され

見に行くと

     ・・・・・・なんと・・・・・・

私が生まれる(35才)ずっと前に建築された

マンションにディスポーザーが付いていた

(壊れたか、排水に問題が出たか外されていた)

10年前に現場監督の時に分譲

現場(5棟全棟に設置)に付けた。

排水を一端、浄化槽につないで

きれいにしてから排水に流す。

「ディスポーザーとは・・・
     生ごみを破砕して排水に流してしまう装置」


売り出しの時には、こんなの要らないわと言っていた

・・・・・・お客様が・・・・・

メンテナンスで伺うと、これは良いと言う


 (分譲は、建物金額に含まれるので単体がいくらか知らない)
 (設置価格がいくら知ったらビックリするだろう。。。)


安いものなら私も着けたい!私の町は、ゴミが有料ですし

生ごみの臭いも、ポタポタと垂れる水も

主婦(夫)には嫌なもの。。。


マンションでは、大きな浄化槽を付け共有するが

戸建ての場合、1件に1個の浄化槽が必要になる

ので、割高だ

早く、破砕したものを直接排水に流せる下水に

して欲しいものだ。。。

床下の“かび”

こんにちは、イザットハウス岡田です。

本日は、1日中、実験装置の設置や測定を行い

・・・・・へと、へとっ・・・・・・

になりました。


夕方、そこへ 一本の電話

資材メーカーにお勤めの友人からでした。

「岡田さん、床下の“かび”で困ってます・・・・・」

と言うのです。

※もちろんこの家は、イザットハウスではありません。


・・・・・・キタッー・・・・・・・

夏場の結露が原因!


上記の表は、高気密高断熱の本に掲載してあったグラフである。

なんとっ!一般住宅の

8割が床下で結露しているのである。

・・・・・相談されている床下状況もこれと同じであろう・・・・・


床下の換気口から入った高湿度の空気が

床下の温度が低いところで結露する。。。


夏だけ床下のダンパーを空ける会社もあれば

高気密でもないのに床下に換気口を設けない会社まである。。。


イザットハウスは床下の湿度を70%に保つ為、

床下に除湿機を設置している。この設置により、

まれに起こる高気密高断熱での床下の漏水にも

対応しているのが嬉しい!!

言った、言わないのトラブル

こんにちは、イザットハウス岡田です。

さて、以前にも工務店が怖いと言うブログを書きました

が・・・まだまだ他の方もそう思っているようです。

なぜそうなるのか?

ちょっと考えてみました。。。

.


たとえば、言っていることが、以前と違う!

他の人に聞くと、そのやり方は変だと言われる。

いい加減な施工に見える・・・・


ひとつひとつ、なぜそうなっているのか確認する。

疑問はその場で解決する!

すべて、打ち合わせ記録帳に残す。。。

“現場での立ち話で、記録に残っていない”と言う事が多い


・・・・・(後で言った言わないの話になる)・・・・・


私は(監督立場)、こう言ってました!

すみません!忘れてしまうのでメールで送ってください。


・・・・・そこに、お客様は期限をつける・・・・・


※基本的に契約時にルールとして・・・・

 打ち合せ記録帳やメールに残っていないものは無効になると話す。。。


・・・・・・・・やばっ!・・・・・・・・・


おおっ!これは、私が良く仕事で言われてきた!?

・・・・・現場では出来ていたはずなのに・・・・・

.

海へ!

こんにちは、イザットハウス岡田です。

週末は休暇をもらい海へ!

家族たのしく、充実した時間が過ごせた。

ホテルの冷房は、昼間3台フル稼働でも

冷える感じが無く、日が落ちると急に効いてくる。

(窓から日が入らなくても断熱不足なのであろう!)

ゆっくりテレビを見ていると、いろいろな殺人事件が。。。

高校生が殺害された事件でも、家庭環境が複雑・・・

こんな事がないように、家族のコミュニケーションを

大事にし、今後のお客様の家の間取りも、細心の注意を

行っていこうと思わされる。。。

海岸線に出ていた売地(いくらなんだろう???)

台風や津波は怖いが、こんな土地も楽しそう!

小高い山の上も気持ち良さそう!

将来は、こんなところに住んでも・・・・・

昨日の地震!

こんにちは、イザットハウス岡田です。

昨日は、関東で割りと大きな地震がありましたね!

当社モノリスビルも、結構揺れて、

一時間以上エレベーターが

動かなかったような感じでした。

こんなとき中に居たらと思うと・・・・・


お客様と間取りの打ち合わせをすると

必ず

「地震については絶対に大丈夫ですか?」

と聞かれる。

.

確かに地震は怖い!しかし、あまり

気にしすぎると日々の生活の場である間取り

にまで影響する。


壁のバランスはもちろん大事!ビルトイン

車庫などは細心の注意が必要だ。

しかし、阪神淡路大震災や新潟の震災などで

倒壊したものは昭和56年以前(新耐震設計基準前)

のものがほとんどだ!


その多くは、バランスが悪かったり土台が腐っていた。


その原因の1つのバランスについては、

2000年の建築基準法の改正で1/4バランス

N値などが追加された。


もうひとつの土台が腐っていた事については

単なる経年劣化と見られているのか、大きな基準はない。


イザットハウスでは、この原因を引き起こすもの

の多くは“壁内結露”であると考える。

 壁内結露がおこり、柱や土台、耐震金物が付く

木材を長い年月を経て腐らせている。せっかくの建築基準法

の改正で金物補強をしているのに10年以上先はその

金物が役に立たなくなる家も多くあると考えている。

 その壁体内結露を無くし、家中を快適にするのが

“外張り断熱→外断熱”なのだ!

庭?隣家との隙間?

こんにちは、イザットハウス岡田です。


ある方の建築日記の上棟の写真は周囲を美しい

高木に囲まれた気持ちよさそうな場所が写っていました。


家を建てても“目の前に家”

カーテンを開けられないリビング!

目の前にはトイレや浴室の窓!

こんな家では“イヤッ!”

出来たら自然豊かな場所で借景なんて東京ではゆめの夢!


・・・・・・でっ!・・・・・・私は・・・・・

行き着いた先がバイパス沿いの30mくらい南まで家の無い土地

ちょっと「うるさい」を、イザットハウスで対応しました!


・・・加盟店では・・・

   \萋、見た我孫子店の家は目の前が傾斜地で景色が良く
   知多店の店長が、お客様の希望で探したのは絶景の傾斜地
   春日部店の常務の家には大木が3本ある・・・・・
という例もありますが、そう簡単にはいかない!

だれでも、景色が良いに越した事はないが・・・そうはいかない

.

 ・・・・・そこは、間取りと窓の位置で対応・・・・・


庭は中庭が中心、中庭であればカーテンが無くても大丈夫ですし

中庭の向こうに見える自分の家!ここから覗かれても安心ですし

ここに、親(老夫婦)や子供部屋などがあると様子が見えて

また、安心! 二階の部屋の様子も伺えて、家族の気配を常に

感じれる間取り(コミュニケーションデザイン)
間取りも良くなれば、庭も庭として生きる。いつもカーテンを

している庭では隣との隙間でしかない。そんな間取りでは

せっかくの○○万円/坪の土地が有効に使えているのでしょうか?

良いまどりとは、その土地をいかし、住む人を活かす事ですよね!



例えば、大阪店のモデルハウス


南側の家のベランダが北側にあったが気にならない


私が提案した間取り

共稼ぎで、広い庭があっても手入れが大変ですよね。


相談は、うれしい!

こんにちは、、イザットハウス岡田です。

昨日、mixiのコミュニティで知り合った方から

相談のメールがありました。

“うれしいものですね〜っ!”

頼ってくれているような!信用してくれたような・・・


どんどん!相談ください。。。

「ちから」になれるかどうか判りませんが

一生懸命、知っている知識(少ない?)を絞り出します!

もちろん、プロの方から素人までOKです。

.


昨日の相談は、フローリングの素材や塗装に関して・・・

や暖冷房や壁の素材について・・・


素材は、本物を出来るだけ使う事をお勧めします。

本物?無垢の木や鉄、土

レンガやタイル・紙やガラスを使うと時が経っても

悪くならない。


長持ちする家には、内部の雰囲気も長持ちさせる

それには、素材選びとデザイン重要だと思います。

参考:我孫子店さんのI邸

                ・・・・・良い家ですね!・・・・・


.

エアコンの選び方どうする?

こんにちは、イザットハウス岡田です。


この冬に撮った写真紹介

・・・自宅のサーモグラフィックで撮影・・・
(朝方4時:隣の家は熱が色々な場所から放出?)

(自宅のドアは電源を取るためにチョット開いてます
 輻射熱で私の家の壁も温度上昇
 おそらく私の家のほうが暖かいはずなのに・・・ )


さて、お客様からの質問が多いのが

「エアコンってイザットハウスならだったら

普通の家よりも(KWが)小さくていいんですよね!


 ・・・どのぐらい小さくして良いか?・・・

.
1番小さいものでOKです。って言いたいのですが

やめます。(寒がりや暑がりな人もいますので)


       ・・・・・考え方・・・・・


冷房で言えば

お客様がどのようにエアコンを運転されるか(連続・間欠)

によって大きく違います。

間欠にした場合、内断熱よりも熱容量の大きい外断熱住宅は

温度を下げるエネルギーが多くなります。

   (空気エネルギーは、前のブログ参照)

人が感じる温度は、 _硬戞↓⊆湘戞↓5の、ろ媼庸

その半分が輻射!

間欠にした場合、家の持つ温度が大きな影響を出すのです。


だから、間欠にするか連続にするかで機種の設定が大きく

違います。(大雑把に間欠運転はメーカーの薦めるKWでOK)

常時であれば、私の家が51坪で2.5KWほぼ1台!


常時運転の部屋であれば小さな機種で十分なのです。

※注意

扉を締め切った部屋は、その部屋ごとにエアコンが必要

大きな窓は日射の対策が無い場合、エアコン1台分の

受熱があるので注意が必要です。


もう一つ注意!

あたたかい熱は上に行くのは良くご存知だと思います。

その熱が小屋裏などに溜まると、夜、涼しくなっても

輻射熱で寝苦しくなります。出来るだけ溜めないように

勾配天井や小屋裏にエアコンを配置したり対策すると

      ・・・・・さらに快適です・・・・・


それに対して暖房は、

Q値でほぼ機種選定が出来てしまいます。

もちろん、冷房よりも暖房の方がエネルギー量が

多く必要になるので暖房をエアコンで行う場合

暖房に合わせて機種選びをしましょう。


エアコンのメーカーや機種選びの参考

省エネルギーのために効率(COP)の良いものを選びましょう。

さかもと
【ウェブ担当・さかもと】
イザットハウス本部のウェブ担当として、ホームページの作成やシステム関係の仕事をしています。

ホームページやブログの質問・相談は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ登録

イザットスタイル

エネルギーダイエット住宅のススメ

花粉フィルター