« 2015年9月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月 5日

今年も宜しくお願い致します。

2016年も宜しくお願い致します。

暖冬の影響で、雪のないお正月でしたが、

実家近くの温泉周辺では、いつもより少ない積雪ですが

新潟らしい冬を感じる事ができました。

IMG_0876.JPG

2016年1月 1日

新年のご挨拶

saru_a05.png

 新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。 

 

 私の息子二人と長男の妻が入社し、これで次世代の布陣が整いました。三人が覚える事は沢山ありますが、入社した事で社員や協力業者さんも安心したようで、皆さんの動きが活発に成ったような気がしています。

 

 毎年行っている、当社で住宅を造られた皆様にお集まりを頂く山庄建設友の会に昨年は100名を超すご参加を頂きました。その席で三人を紹介させて頂いた際に、会員の皆様の喜んでくださったお顔を拝見して、企業の継続の重要性を改めて感じた次第でございます。

  

 外断熱、高気密住宅のイザットハウスの第一号店として早や20年が過ぎ、これまで100棟を超える実績があります。しかし、ここ数年来建築数が激減し、昨秋にイザットハウス本部の澤畑社長から、以前のように復活させたいと相談を受けました。そこで、主要加盟店7社と復活の為の協議を毎月開催し、12月には全国大会が開かれました。

 

 イザットハウスの家は断熱材を外に張る事で、隙間相当面積C値が0.3以下と言うとてつもない数字を出しています。この事が計画換気予想に近い空気の流れを生み、トイレや浴室内の温度差も少ない家を実現し、床下の湿度を押さえている為に10年過ぎてもどこの家も床下にカビひとつ無く、木の香りがしています。この事は当初の耐震性をいつまでも持ち続けいると言う事です。

 

 日本の住宅が目指す0エネルギー住宅はイザットハウスが進めて来た技法であり、復活には如何にしてイザットハウスを一般の人に知ってもらうかであります。道は簡単ではありませんが、加盟店と本部が一体になって進む事がイザット復活の一番の行動であると信じています。イザットハウスファンの皆様、これからのイザットハウスにご期待願います。

平成28年1月1日

山庄建設株式会社 代表取締役 山本和夫

ブログ投稿者
代表:山本和夫
出身地:東京都江東区
趣味:釣り
ブログ投稿者
店長:木村慶人
出身地:東京都台東区
趣味:食べる事・ゴルフ
ブログ投稿者
営業・設計:渡辺千佳子
出身地:新潟県糸魚川市
趣味:ウィンドウショッピング
花粉フィルター

エネルギーダイエット住宅のススメ

お客様ホームページ